産経WEST for mobile

【彦根警察官殺害】目指すは警察官一筋、高校球児…19歳巡査の恩師ら「まじめな子がなぜ」と絶句

記事詳細

目指すは警察官一筋、高校球児…19歳巡査の恩師ら「まじめな子がなぜ」と絶句

彦根警察官殺害更新
逮捕された巡査が拳銃を捨てたとみられる現場周辺を調べる捜査員ら=12日午前、滋賀県豊郷町(寺口純平撮影) 1/3枚

 「警察官になれたときは本当に喜んでいた」「まじめな子だったのに…」。滋賀県彦根市の滋賀県警彦根署河瀬駅前交番で、同署の井本光(あきら)巡査部長(41)が拳銃で撃たれて死亡した事件で、殺人容疑で逮捕された男性巡査(19)を知る恩師らは言葉を失った。捜査関係者によると、巡査は「罵倒(ばとう)されたので撃った」と話しているという。知人らは、野球に打ち込み、警察官にあこがれていた少年時代の印象と事件とのギャップに戸惑っていた。

<< 下に続く >>

■「交番で働きたい」

 「交番で働き、市民の身近な存在になりたい」

 男性巡査は2年前、警察官の仕事が体験できる滋賀県警主催の警察学校のオープンキャンパスに参加。地元紙のインタビューで、警察官への思いをこう語っていた。そして昨年、夢を実現させ、今年1月29日に彦根署に配属。3月26日付で今回の事件が起きた河瀬駅前交番勤務となった。

 男性巡査が通っていた同県高島市内の高校の野球部で指導した男性教諭(49)は「警察官に合格したときは『頑張っていきます』と言って本当にうれしそうだった」と振り返る。

 野球部では「後輩思いで、練習も休まず参加するまじめな子」だったという。「大学に進学して野球を続けることを勧めたが、警察官一筋だった。ただただ驚いている」と語った。

 男性巡査と勤務をしたことがある県警関係者は「元気がよく、あいさつができる子だった」と話す。事件が起きた11日にも男性巡査と会う機会があった。「普段と変わった様子はなかった。なぜこんな事態になったのか」と話した。

写真ギャラリー

  • 発砲事件のあった交番を調べる捜査員ら=12日午前0時35分、滋賀県彦根市(彦野公太朗撮影)
  • 記者会見で深々と頭を下げる滋賀県警の武田一志警務部長=12日午前8時04分、大津市の県警本部(彦野公太朗撮影)