産経WEST for mobile

救急病院の男性院長逮捕 男子中学生にみだらな行為疑い 高知県警

記事詳細

救急病院の男性院長逮捕 男子中学生にみだらな行為疑い 高知県警

更新

 高知県警は8日、男子中学生にみだらな行為をしたとして、県青少年保護育成条例違反の疑いで、高知市の近森病院の院長、近森正康容疑者(41)=同市北本町=を逮捕した。同病院は県指定の救命救急センターの一つで病床数は512。

<< 下に続く >>

 逮捕容疑は昨年10月8日午後2時ごろ、高知市内のホテルで、18歳未満と知りながら男子中学生にみだらな行為をしたとしている。

 県警少年女性安全対策課によると、2人は昨年秋に会員制交流サイト(SNS)で知り合った。別事件で中学生を事情聴取したところ、近森容疑者が浮上したという。

 近森容疑者は順天堂大医学部卒。昨年1月、近森病院の院長に就任した。同病院は「事実を確認中」としている。