産経WEST for mobile

【芸能考察】“マスコミの自虐ドラマ”と話題、亀梨主演「FINAL CUT」 印象操作、テレビ関係者も「ないとは言えない」

記事詳細

テレビ

“マスコミの自虐ドラマ”と話題、亀梨主演「FINAL CUT」 印象操作、テレビ関係者も「ないとは言えない」

芸能考察更新
ドラマ「FUNAL CUT」の制作発表に出席した前列左から橋本環奈、栗山千明、藤木直人、杉本哲太、後列左からやついいちろう、林遣都、水野美紀 1/1枚

 亀梨和也主演で、1月9日にスタートしたカンテレ制作のドラマ「FINAL CUT」(火曜午後9時)。印象操作するテレビ局の内情にも迫る異色のドラマとして注目を集めている。メディアがメディアを斬るという意味で、巷では「マスコミの自虐ドラマ」と異名をとっている。

<< 下に続く >>

亀梨「単純な勧善懲悪のドラマではない」

 「FINAL CUT」は、亀梨演じる主人公・中村慶介が、母親を殺人事件の犯人かのように扱い、死に追い込んだテレビ番組「ザ・プレミアワイド」の関係者に復讐(ふくしゅう)していくという物語。事件から12年後、警察官となった慶介は、事件の関係者に次々とファイナルカット(致命的な弱点を捉えた映像)を突きつけ、いいなりにしていく。“ある目的”のために。慶介の目的とは?

 12年前、ある女児殺人事件が起きる。「ザ・プレミアワイド」のスタッフらは、慶介の母親に、味方のような顔をして近づき、撮影した映像や音声を“都合よく”切り取って放送する。犯人とおぼしき怪しい男の存在や自身の無実を訴えたはずの母親は、あたかも犯人のように印象操作されてしまった。

 豊福陽子プロデューサーは「メディアの影響力の大きさに人生を翻弄された男の復讐劇を描きたいと思った」と制作経緯を説明。また、これまで多くのドラマに主演してきたが、復讐劇は初めてという亀梨は「1つの出来事をとっても、人それぞれ捉え方、切り取り方が違います。単純な勧善懲悪のドラマではない」と話す。メディアによる印象操作の危険性を視聴者に認識させるドラマでもあるといえる。

影響力が大きいテレビ

 捏造(ねつぞう)や偏向といった、マスコミ側にとっては自ら積極的に触れたくはないであろうテーマに取り組んだ今作。視聴者の間では「カンテレ、攻めてる」「マスコミの自虐ドラマ」…などと話題になっている。

 文芸評論家の小川榮太郎氏は自著「テレビ報道『嘘』のからくり」(青林堂刊)の中で「日本のマスコミの影響力の中核はテレビにある」とし、その理由を「テレビが断片的に流す『印象』の積み重ねをもとに、問題を直感的に判断するからだ」と指摘。同書は、政治における偏向報道の横行やテレビ報道の影響力の大きさ、怖さを綴っている。

 さて、ドラマは1話ごとに復讐するターゲットを定めた慶介が、相手にとって致命的な映像「ファイナルカット」を突きつける。1話では、事実と違う内容の編集を強いたプロデューサー(杉本哲太)、2話では、スクープ欲しさに行きすぎた行動に出るディレクター(水野美紀)、3話では、偽情報をつかまされた若手ディレクター(林遣都)を、4話では、強引なカメラマン(やついいちろう)を標的にした。テレビの裏側を見せながら、12年前の殺人事件の真相や母親を犯人に仕立てた張本人は誰かと謎解きしていく展開だ。