産経WEST for mobile

【世界ミニナビ】徴兵制の韓国、彼女が入隊…浮気を心配する男性増加中

記事詳細

徴兵制の韓国、彼女が入隊…浮気を心配する男性増加中

世界ミニナビ更新
冬季五輪が開かれる平昌の雪上で厳しい訓練に取り組む韓国の海兵隊員ら(ロイター) 1/2枚

 日本の左派のメディアや市民活動家なら大反対の合唱となる徴兵制を維持する韓国で、入隊した彼女の浮気を心配する男性たちがいるという。韓国軍では女性将兵が1万人を突破し、一般企業と同様に軍で活躍する女性が増えることで、こうした心配を抱える男性陣も増えていくことになりそうだ。

<< 下に続く >>

 朝鮮日報(電子版)によると、入隊した彼女を待つ男性たちがインターネット上で悩みを打ち明けたり、彼女への手紙の書き方や訓練内容などの情報を共有しているという。

ネットに浮気情報書き込み

 そして、男性が多い軍隊組織で働く彼女の浮気を心配する男性たちがいる中、浮気情報に関する書き込みがネット上で広がることもあるというのだ。

 彼女に会えない彼氏の悲痛の叫びともいえる状況だが、韓国軍は女性への門戸を広げ、2012年に8300人だった女性将兵は17年には1万人を初めて突破した。

 日本では女性国会議員やタレントの浮気疑惑が週刊誌やワイドショーで取り上げられることが多くなっているが、徴兵制が続く韓国では、兵役や入隊で離ればなれとなる若者カップルの間で心配ごとになっているようだ。

給料は最低賃金以下

 心配ごとはそれだけではなさそうだ。海外メディアなどによると、徴兵された一般兵士の月給は最近、2倍近くに増額されたが、韓国国内の最低賃金を下回っている。2等兵の場合、増額改定で月給は約1万7000円から約3万2000円となったが最低賃金を大幅に下回る水準という。

 国を守るという国民としての義務を果たし、お金を使う場面が少ないとはいえ、最低賃金を下回る状況は若者にとっては厳しそうだ。

 また、軍幹部の夫妻が自身の官舎で働く兵士にパワハラを行ったことが問題になるなど、北朝鮮の核弾頭や弾道ミサイル開発で米朝間の緊張が高まる中、足下の部隊運営ではさまざまな課題もある。

アイドルも兵役

 韓国では、アイドルや有名芸能人らが徴兵によって活動を中止したり、再開する姿がニュースとなってメディアをにぎわしている。

 18~35歳の健康な男性は2年間の兵役に就く義務があり、国内外で活躍するアーティストでも入隊前に短髪にした様子などが流れる。

写真ギャラリー

  • 北朝鮮との国境に近い町に設置された平昌五輪の看板の前を歩く若者カップル(AP)