産経WEST for mobile

【寝屋川監禁】小学校時代、体にあざ…同級生「本当にむごい」

記事詳細

小学校時代、体にあざ…同級生「本当にむごい」

寝屋川監禁更新
複数の花束が置かれた現場の自宅周辺=平成29年12月28日午後、大阪府寝屋川市(桑村朋撮影) 1/1枚

 「やせ細るまで放置して死なせるなんて、本当にむごい」。大阪府寝屋川市の自宅のプレハブで両親に約15年間監禁され死亡したとされる柿元愛里さん(33)。同級生らは悲嘆に暮れたが、小学校時代に体にあざがあるのを見た記憶から、虐待の可能性を指摘する声も上がった。

<< 下に続く >>

 「それ、どうしたの」。寝屋川市内の小学校で5~6年時に同じクラスだった女性(33)は、愛里さんの体に複数のあざがあったことを覚えている。理由を尋ねると、愛里さんは「犬にかまれた」とだけ答え、多くは語らなかった。

 別の同級生の男性(33)も、よく体に傷があり、穴が開いた服を着ていたこともあったと話し「親から体罰や虐待を受けているのではと思った」と振り返る。

 同級生らによると、愛里さんは5年時に市外から転校してきたが、6年の途中から登校しなくなった。担任の教諭は「そっとしておいて」と説明するだけで、心配したクラスの全員で手紙を書き、愛里さんの自宅に届けたが、返信はなかったという。