産経WEST for mobile

【関西の議論】これがIT農業最前線…熟練の技をハイテクで伝承 名人の知識や経験も蓄積

記事詳細

これがIT農業最前線…熟練の技をハイテクで伝承 名人の知識や経験も蓄積

関西の議論更新
父親の水尾成さんから遠隔指導を受けながら柿の木の手入れをする学さん=今年9月、滋賀県高島市 1/3枚

 高齢化と後継者不足に悩む農家。農作業は作物一つ一つの生育状況を把握し、天候を見極めたこまめな手入れが必要など、機械化が進んだ現代でも経験と勘に頼る要素は多い。一朝一夕には技術を習得できないが、そうした熟練の技をITを使って伝承する取り組みに、滋賀県高島市の柿農家の男性が挑戦している。農業にもIoT(モノのインターネット)を取り入れる試みで、日本の農業を伝承し、新たなサービス開発も目指す。(北野裕子)

<< 下に続く >>

遠隔地から作業指示

 「この実は取っていいの」。9月下旬、高島市内の富有柿の農園でゴーグル型の端末を着用した男性の姿があった。父親から柿農家を継いだ水尾学さん(58)で、ハサミを持って柿の木の前に立ち、付属のイヤホン・マイク越しに問いかける。相手は同市内の事務所にいる父の成(しげる)さん(86)だ。

 成さんのパソコンには、学さんがゴーグル型の端末を通して見た映像がリアルタイムで送られる。パソコンには、1本の枝に数個の柿が実った画像が映し出された。

 成さんがそのうち2つの実に手元のペンタブで赤い印を付けると、ゴーグル内側のディスプレーに表示された。学さんはそれを見て印の付いた実を切り取った。「1つ、2つ。オッケー」。成さんが声をかけた。

 この日行ったのは間引き作業。1本の枝に固まって実がつくと栄養分が分散して実が小さくなってしまうため、不要と判断した実は切り落とす。どの実を切り落とすかの判断は、実や枝の太さなどが影響するといい、経験が求められる。

 他にも同じ理由で蕾(つぼみ)の段階で摘み取ってしまう「摘蕾」や花の段階で摘み取る「摘花」の作業もあるが、こちらも経験に裏打ちされた知識が必要。そこでIT機器を活用し、高齢の経験者が直接現場に出なくても同じ作業ができるようにした。

 遠隔作業のぎこちなさもなく、2人とも慣れた様子で作業を進めた。

「目から鱗(うろこ)」の農業活用

 学さんが使用しているのは、セイコーエプソンの業務用スマートグラス「MOVERIO Pro BT-2000」。スマートグラスを着けて作業をすると、指導者のパソコンにリアルタイムで現場の映像が伝送されるので、それを見た指導者が指示をする。

 付属のマイク付きイヤホンで音声でのやりとりも可能。先ほどの印のように、スマートグラスの内側のディスプレーに指導者からの指示内容を表示させることもできる。

 ゴーグル型のため、両手を空けた状態で作業できる。風雨にも対応できるので、屋外での農作業に適している。

 エプソン販売(東京都)の販売推進本部、VPMD部長の蟹澤啓明(かにさわ・ひろあき)さんは農業での活用に「目から鱗だった」と振り返る。

 製品は当初、メーカーの製造現場での「技術伝承」を目的にしていたという。少子高齢化で製造業でも熟練者の技術継承が課題だからだ。蟹澤さんは「熟練者の経験や技術の継承は社会的な課題。農業にも同じ課題があると知った。製品が役に立つことができて光栄」と話す。

写真ギャラリー

  • 柿農園で作業する学さんから送られてきた映像を見て、父の成さんが指示を出す=今年9月、滋賀県高島市
  • 事務所内で作業について話し合う水尾学さん(左)と父の成さん=今年9月、滋賀県高島市