産経WEST for mobile

【衆院解散】「小池氏の手法は橋下氏のアレンジ」希望と維新きょうトップ会談、議員たちの心中は?

記事詳細

「小池氏の手法は橋下氏のアレンジ」希望と維新きょうトップ会談、議員たちの心中は?

衆院解散更新
記者団の質問に答える松井一郎・大阪府知事(左)=大阪市役所 1/1枚

 30日に大阪市内で会談することになった希望の党代表の小池百合子東京都知事と日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事。2人は29日、東京と大阪でそれぞれ記者団の取材に応じ、連携を深める意向を明らかにした。2人の発言には“温度差”もあるが、維新の立候補予定者たちは、比較的冷静に推移を見守っている。

<< 下に続く >>

 この日、大阪市中央区の維新本部を訪れた新人の青野剛暁(よしあき)氏(43)=大阪13区=は「維新として出馬するので、それに向かって走るだけ。大阪でやった改革を今後は国会で実践していく」と淡々とした様子。

 一方、大阪14区で立候補予定の谷畑孝氏(70)は「希望の党は維新の東京版」と言及。現職の都知事として希望を立ち上げた小池氏の手法は、府知事時代に維新を創設した橋下徹元大阪市長の手法を研究し、「アレンジしたものだ」と指摘していた。

 小池知事は29日午後、都庁で開いた会見で「同じ改革の志は大切にしたい」と述べた。維新が掲げる「身を切る改革」を例に挙げ、「改革の考え方が(希望と)重なるところもある」と指摘。30日の会談では「それぞれ選挙区がどういう状況なのかも含めて確認をして答えを出していきたい」と候補者調整を進める考えを示している。

 29日午後に、大阪市を廃止して東京都のような特別区に再編する「大阪都構想」の新たな協定書づくりを行う法定協議会に出席していた松井氏は、終了後に大阪市役所で「さまざまな改革で連携できたら」と話していた。

 ただ、自ら「一緒になるという話はありません」と切り出して民進党のようなかたちで希望と合流することは否定していた。