産経WEST for mobile

【スポーツの現場】7・29大阪ダービー 今季のJリーグをを大きく左右する「天王山」に

記事詳細

7・29大阪ダービー 今季のJリーグをを大きく左右する「天王山」に

スポーツの現場更新
今年4月の大阪ダービー、今季第1戦、前半、競り合うC大阪・FW柿谷曜一朗(左)とG大阪・MF遠藤保仁=大阪・ヤンマースタジアム長居(岩川晋也撮影) 1/5枚

 29日に市立吹田スタジアム(大阪府吹田市)で今季2度目となるG大阪とC大阪の「大阪ダービー」が行われる。前回4月に対戦した際は2-2のドローだったが、今回は、J1首位に立つC大阪は悲願の初タイトルを勝ち取るために、そして勝ち点9差で6位のG大阪は優勝戦線に踏みとどまるためにも、それぞれ勝ち点3がなんとしてもほしい大一番となる。(上阪正人、吉原知也)

<< 下に続く >>

J1で純粋なダービーは「大阪」だけ

 現在、J1に同じ都市名を名乗る2クラブが所属しているのは大阪だけ。それだけに国内で行われているダービーマッチの中でも両クラブの対抗意識やサポーターの盛り上がり方も格別のものとなる。

 4月16日にヤンマースタジアム長居で行われたダービー第1戦は3季ぶりということもあり、世間の注目度もやはり高かった。観客数は4万2438人と同スタジアムでの今季最高を記録した。

 昨年から本格稼働したG大阪の本拠地吹田スタジアムで初めて行われる第2戦も、過去のダービー以上の盛り上がりは必至だ。同スタジアムは収容人数4万人と、一昨年までG大阪がメーン使用していた万博記念競技場のおよそ2倍の規模のスタンドを備える。    

 「器」が大きくなった分、観客数も膨らむ。チケットは試合の2カ月以上前、5月下旬に早々と完売。今年の浦和戦で記録した3万4733人を更新する可能性も十分ありそうだ。

 大阪ダービーに多くの観客が足を運ぶ理由は、スタジアムがどちらのクラブのファン・サポーターにとっても通いやすい立地にあるという理由だけではない。選手の「熱さ」も格別だからだ。

 どの地域で行われるダービーマッチも、リーグ戦の順位や調子とは関係なく、チームの意地と意地がぶつかりあう激戦となる。最近の例では、4月末に行われた「さいたまダービー」で、それまで8戦未勝利で最下位だった大宮が首位の浦和を下して今季初勝利をあげた。

G大阪・遠藤「より重要な一戦」

 C大阪の好調ぶりも盛り上がりに拍車をかける。J1昇格組ながら2005年以来12年ぶりのJ1首位に立ち、快進撃を続ける。一方のG大阪は勝ち点9差の6位。G大阪の主将、MF遠藤保仁(37)は「自分たちよりも上のチームは叩かないと勝ち点差は離される一方。重要な1戦になることは間違いない」とまなじりを決して一騎打ちに臨む。

 C大阪の選手にも気合いがみなぎる。リーグ戦でこれまで10得点し、チーム得点王のFW杉本健勇(24)は、大阪生まれでC大阪育成組織で育った一人。同じ大阪のライバルクラブを「どこよりも負けたくない相手」という。4月のダービー第1戦では2ゴールを挙げたが「あと一歩のところで追い付かれた。これ以上ない悔しさを味わったので、勝ちたい。その思いが強い」と闘争心をむき出しにする。

写真ギャラリー

  • 大阪ダービーの試合会場となる市立吹田スタジアムを青で埋め尽くしたG大阪対のサポーター。今季第2戦のダービーは、C大阪のピンクとG大阪の青で染まる(撮影・甘利慈)
  • 今季第1戦の大阪ダービーで、ゴールを決めて喜ぶG大阪のMF倉田秋(右)=4月16日、ヤンマースタジアム長居(撮影・山下香)
  • 今季第1戦の大阪ダービーで、引き分けに終わり、握手をするC大阪とG大阪のイレブン=ヤンマースタジアム長居(撮影・岩川晋也)
  • 7月2日のホームでのFC東京戦に勝利し、12年ぶりに首位に浮上したC大阪のイレブン。公式リセール制度がスタジアムの利便性を高める