産経WEST for mobile

9歳男児が停車中の車内で死亡、熱中症か 奈良市の駐車場

記事詳細

9歳男児が停車中の車内で死亡、熱中症か 奈良市の駐車場

更新
小学4年の男児が停車中の車内でぐったりしているのが見つかったコインパーキング=奈良市 1/1枚

 奈良県は25日、奈良市内の駐車場に駐車中の車内で小学4年生の男児(9)=同県大和高田市=がぐったりしているのが24日に見つかり、搬送先の病院で死亡したと発表した。1時間半にわたり1人で車内に残っており、熱中症が原因とみられる。奈良県警奈良西署が詳しい状況を調べている。

<< 下に続く >>

 県などによると、24日午後2時55分ごろ、奈良市の近鉄大和西大寺駅近くのコインパーキングに駐車中の軽乗用車内で、ぐったりしている男児を母親が見つけ119番した。男児は意識不明の状態で病院に搬送され、25日未明に死亡した。

 県警などによると、母親と男児は車内で昼食をとっていたが、食べ終わらなかった男児が近くの病院へ診察に行く母親に同行するのを拒んだ。このため母親は午後1時半ごろ、車内に男児を残してエンジンを切り、窓を閉めて車の鍵を渡して「後から来るように」と伝え、外から施錠した。病院の待合室に男児がいないことに気付き、戻ったパーキングで男児を発見したという。

 車は窓が閉まり施錠されたままで、駆けつけた救急隊員が窓を割って救出した。24日の奈良市内の最高気温は34・1度だった。