産経WEST for mobile

「散歩」で女子高生に淫行させた疑い 違法JK店元経営者を逮捕 大阪府警

記事詳細

「散歩」で女子高生に淫行させた疑い 違法JK店元経営者を逮捕 大阪府警

更新

 「散歩デート」と称したJKビジネスで女子高生らにわいせつな行為をさせたとして、大阪府警少年課は6日、児童福祉法違反容疑で、風俗店「なにわde散歩」の元経営者、新開祐介容疑者(39)=東京都目黒区柿の木坂=を逮捕した。「女性が売春をしていたことは知らなかった」と容疑を否認している。

<< 下に続く >>

 逮捕容疑は1月中旬、高校2年の女子生徒(17)を雇い、大阪市内のホテルで50代の男性客とわいせつな行為をさせたとしている。女子生徒は昨年10月~今年3月に約200人の客を取り、約700万円を稼いでいたという。

 府警は5月、同店が店名変更した風俗店「なにわ学園お散歩部」の店長の男ら2人を同容疑で逮捕。その後の捜査で、新開容疑者の関与が浮上したという。