産経WEST for mobile

【森友学園問題】松井大阪知事、寄付名簿に「首相夫妻の名前なかった」「(籠池氏)人気タレント気取っている」

記事詳細

松井大阪知事、寄付名簿に「首相夫妻の名前なかった」「(籠池氏)人気タレント気取っている」

森友学園問題更新
松井一郎大阪府知事 1/1枚

 学校法人「森友学園」(大阪市)の理事長退任を表明した籠池(かごいけ)泰典氏が、平成27年9月に安倍晋三首相側から寄付金100万円を受け取ったと主張していることについて、大阪府の松井一郎知事(日本維新の会代表)は17日、「何か勘違いをされている。まるで人気タレントを気取っているように見えて仕方がない」と批判した。府庁で記者団の質問に答えた。

<< 下に続く >>

 松井氏は、学園側が26年10月ごろに府に提出した寄付金名簿には、首相や昭恵夫人の名前の記載がなかったとし、「領収書もなく、名簿に名前もない。どっちを信用するねんっていう話だ。注目される政治家なら全員、あの人(籠池氏)に寄付を受けたと言われたら、関係者になってしまう」と切り捨てた。

 また、「大勢のメディアの皆さんのいるところで、『よう来たな』みたいな感じで手を上げたりしている。まるで人気タレントを気取ってるんじゃないのという感じだ」と籠池氏に対して不快感を示した。

 学園側が小学校設置認可をめぐり、事実と異なる書類を府に提出していた場合は、「偽計業務妨害罪などでの告発を検討している」と強調した。