産経WEST for mobile

【森友学園・籠池氏会見(1)】会見場に幼稚園児用のイスずらり 「マスコミのせいで処分先見つからず」 冒頭から恨み節全開

記事詳細

会見場に幼稚園児用のイスずらり 「マスコミのせいで処分先見つからず」 冒頭から恨み節全開

森友学園・籠池氏会見(1)更新
記者会見する学校法人「森友学園」の籠池泰典理事長。一方的に持論を展開した=10日午後、大阪市 1/2枚

 《不可解な国有地払い下げに複数の契約書、経歴詐称疑い…。学校法人「森友学園」(大阪市)が大阪府豊中市の国有地に開設を目指す小学校をめぐっては、次々と疑惑が持ち上がっている。そんな中、法人の籠池(かごいけ)泰典理事長が10日、自身が園長を務める幼稚園で緊急会見を開いた》

<< 下に続く >>

 《100人を超える報道陣が詰めかけた記者会見としては場違いな幼稚園児用のカラフルな小さなイスがずらりと並んでいた。予定より6分遅れた午後5時36分、ダークスーツにネクタイ姿で籠池氏が登場すると一斉にフラッシュが浴びせられた》

 籠池氏「今日はたくさんの報道の方に集まっていただいた。この小学院について、しっかりとお話しさせていただきたい。

 《籠池氏は敷地内のごみの問題について言及した》

 籠池氏「(問題が指摘されている)土壌は仮置きにしていた。山積みの産業廃棄物を運び出さなければならず、知恵を絞ってやっていたが、マスコミの報道によって、処理をしてくれる先が見つからなかった。これは本当に残念。今も多少残っているが、私としては予想外の展開だったと思っている」

 《冒頭から恨み節を全開にする籠池氏。批判の矛先は一連の報道にも向けられ、過熱報道が、工事が進まなかった原因だと指摘する》

 籠池氏「(地中のごみは)鉛のような有害物質ではない。有害物質はすでに除去しており、あと残っているのは建築の杭を打ったときに出てきた生活ごみだ。出てきたら産廃になるので、仮置きをして東側の運動場に置いていた。決してあのまま埋め戻しすることなかったが、報道で過熱し、国会でも野党が追求したのが工事が進まなかった原因だ」   =(2)に続く

▼【籠池氏会見(2)】「朝日新聞!」「共同通信、読売…」「産経まで、報道えげつない!」

プッシュ通知

写真ギャラリー

  • 会見する森友学園の籠池泰典理事長(右から2人目)。会見には長男(右端)も同席した=10日午後、大阪市淀川区(柿平博文撮影)