産経WEST for mobile

アパートから覚醒剤14キロ、「売るつもりだったが、買ってくれる相手がなかった」と逮捕の男 末端価格は10億円

記事詳細

アパートから覚醒剤14キロ、「売るつもりだったが、買ってくれる相手がなかった」と逮捕の男 末端価格は10億円

更新

 愛知県警は9日までに、覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで、同県東海市名和町二番割上、工員、宮之脇福実容疑者(44)と、同居する元妻でドミニカ共和国籍のアルバイトの女(35)を現行犯逮捕した。自宅アパートから覚醒剤約14キロ(末端価格約9億8千万円)を押収した。

<< 下に続く >>

 県警によると、宮之脇容疑者は「売るつもりで持っていたが、買ってくれる相手がいなかった」と容疑を認め、女は「知りません」と否認している。

 逮捕容疑は8日午前7時50分ごろ、自宅で覚醒剤993・1グラムを所持した疑い。押収された覚醒剤は、約1キロずつ袋に詰めてスーツケースに入れ、ベッドの下に隠されていたという。県警は入手先を調べる。

 昨年5月に覚醒剤約2・8キロ(同約2億円)を密輸しようとしたメキシコ国籍の男=同法違反などの罪で公判中=の関係先として、県警が今月8日に容疑者宅を家宅捜索し覚醒剤が見つかった。

プッシュ通知