産経WEST for mobile

バス乗客6時間閉じ込め、運転手仮眠 起きられず…中国ジェイアールバス

記事詳細

バス乗客6時間閉じ込め、運転手仮眠 起きられず…中国ジェイアールバス

更新

 中国ジェイアールバス(広島市)は23日、山陽道のサービスエリア(SA)で仮眠を取っていた夜行バスの男性運転手(38)が、予定の時間に起きることができず、乗客17人が約6時間、閉じ込められた状態になっていたと明らかにした。

<< 下に続く >>

■恐怖、運転手不在だと車外に出られない構造…

 同社によると、運転手は1人で、バスは20日午後8時半ごろ、大阪市のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に向け、広島県呉市のJR呉駅を出発した。運転手は同11時40分ごろ、眠気に襲われ、予定していなかった同県福山市の福山SAで停車。約3時間後に起きるつもりで、車両の外側から出入りする仮眠スペースに入って寝ていた。

 しかし、21日午前5時を過ぎてもバスが走っていないことや、運転手の姿が見当たらないことに気付いた乗客が110番し、同社にも連絡して発覚した。バスは運転手がいないと車内から出られない構造だった。

 同社は「ご迷惑をかけて申し訳ない。再発防止に取り組む」とコメントしている。

▼【関連ニュース】新幹線より高額“走るホテル”…初の全席「個室」高速バス、東京-大阪に

▼【関連ニュース】大学がモーニングコール? IC学生証で出欠確認、保護者チェックに「過保護」の声

プッシュ通知