産経WEST for mobile

世界初! 車いすも「自動運転」 パナソニックが来年4月にも発売、東京五輪へバリアフリー

記事詳細

世界初! 車いすも「自動運転」 パナソニックが来年4月にも発売、東京五輪へバリアフリー

更新

 パナソニックは、スマートフォンに行き先を読み取らせるだけで、一定のエリア内を操作不要で移動できる自動運転機能を持つ電動車いすシステムを、平成30年4月にも発売する方針を固めた。同社によると、車いすの自動運転化は世界初という。空港や駅、大型施設などに導入し、高齢者や障害者をはじめ、訪日外国人らも安全・確実に移動できる仕組みを構築できる。32年の東京五輪を機に全国へ普及させていく方針だ。

<< 下に続く >>

 電動車いすメーカー「ウィル」(横浜市鶴見区)と共同で27年ごろから開発してきた。専用アプリをスマホに導入し、エリア内の看板や地図にかざせば、目的地などの情報を読み取って自動走行する仕組みだ。

 混雑する場所で人や障害物にぶつからずに進めるよう、高性能センサーによる「衝突回避システム」を搭載する。障害物の動きを予測する人工知能(AI)の採用や、車いすの位置を遠隔で確認できる見守りサービスの導入も検討する。

 空港では、飛行機から降りた来訪者がすぐに利用できるよう到着出口などへの配備を想定している。自動回収機能も備え、利用者が降りたら車いすが元の場所へ自動的に戻る。

 政府は東京五輪・パラリンピックを契機に、全国の駅や空港など交通機関のバリアフリー化を推進する。国際パラリンピック委員会(IPC)の最高位スポンサーであるパナソニックは、独自技術により、日本をバリアフリー先進国としてアピールする考えだ。(板東和正)

プッシュ通知