産経WEST for mobile

【経済裏読み】ドイツ製でも“アメ車”イメージ フォードはなぜ日本で売れなかったのか? 年内「完全撤退」を惜しむ声続々

記事詳細

ドイツ製でも“アメ車”イメージ フォードはなぜ日本で売れなかったのか? 年内「完全撤退」を惜しむ声続々

経済裏読み更新

 世界的な自動車メーカー「フォード」が、年内に日本市場から完全撤退する。マスタング、エクスプローラー、フォーカス…自動車ファンに高い人気を誇る名車を生み出してきたビッグブランドが、なぜ日本を去ることになったのか? 市場では「“アメ車”(アメリカ製の車)は売れない」と言われるが、実はフォード製の半分が欧州で企画・設計された“ドイツ車”であることは、あまり知られていない。筆者の試乗体験を踏まえ、フォード車の真の実力を検証する。(上野嘉之)

<< 下に続く >>

「投資効果見込めない」と決断

 1月25日、フォード完全撤退という衝撃的な発表が日本中を驚かせた。

 「収益性確保に向けた合理的な道筋が立たず、投資に対して十分なリターンは見込めない」

 これが決断の理由だ。日本法人は年内に閉鎖し、従業員約290人は解雇。販売店網も消滅し、日本での製品開発は他国に移す。また、人口2億5000万人と日本より多いインドネシアも、同様に投資効果が見込めないとして撤退する。

 この報道に対し、ネット上では「びっくり。新型マスタング(右ハンドル)に期待していたのに…」「めっちゃショック。将来お金貯めていつか…って思ってたのに」「最近のフォード車はすごく良くなっただけに残念」などと惜しむ声が相次いだ。

 米国のフォード本社は1903年に創業し、自動車大国アメリカで「ビッグスリー」の一角として君臨してきた。初期の名車「T型フォード」は、世界で初めて流れ作業で大量生産された自動車として産業史を彩り、教科書にも登場する。

 日本との結びつきも極めて深い。対日輸出が始まったのは日露戦争後の1905年。25年には日本法人を設立し、横浜市の工場でノックダウン生産を行っていたという。戦中・戦後の混乱期を経て再び日本でのビジネスに取り組み、現在のフォード・ジャパンは74年から営業してきた。

 また、79年から2015年まで日本メーカーのマツダに資本参加し、小型車を共同開発するなど密接に関わってきた。

日本での販売は低迷

 しかし、日本での販売は低迷を続けた。SUV(スポーツ用多目的車)ブームだった1996年に過去最高の2万244台を販売したものの、ここ数年は5000台以下。日本自動車輸入組合によると、昨年のフォードの乗用車の販売台数は4856台で、外国メーカー車に占めるシェアは1・7%にとどまった。

 ただ、これはフォードだけではなく、アメリカブランド全体の問題でもある。輸入車市場ではメルセデス・ベンツとフォルクスワーゲン(VW)、BMWのドイツ勢がそれぞれ10%以上のシェアでトップ3を独占。米国ブランドは、好調なクライスラー「ジープ」が2%程度、GM「キャデラック」は年間販売1000台を下回る。フォード・ブランドの苦戦は“アメ車”の低迷をそのまま反映している。

 自動車専門誌「NAVI CARS」の河西啓介編集長は、「クルマに関して、日本人はヨーロッパひいき。アメリカ車のイメージで販売を伸ばすのは難しい」と指摘する。