産経WEST for mobile

【衝撃事件の核心】アダルトサイトを職場で閲覧→パソコン外部操作され内部情報流出 町議会事務局長のあきれた危機管理能力

記事詳細

アダルトサイトを職場で閲覧→パソコン外部操作され内部情報流出 町議会事務局長のあきれた危機管理能力

衝撃事件の核心更新

 福井県池田町で6月、議会事務局の業務用パソコンが何者かに遠隔操作され、内部情報が流出するという“事件”が起きた。50代の男性議会事務局長がパソコン画面の「ウイルス感染」の表示を見て、そこに記された番号に電話し、電話相手の指示に従って遠隔操作ソフトをダウンロードしたのが原因だった。事務局長は日常的に職場でアダルトサイトを閲覧していたという。企業や自治体でネットセキュリティーの強化が叫ばれる中で起きた、あまりにもお粗末な出来事に町民はあきれている。

<< 下に続く >>

職場でアダルトサイト

 町によると、経緯はこうだ。6月3日午後3時ごろ、事務局長の業務用パソコンに、「あなたのパソコンはウイルスに感染しています」とのポップアップが音とともに表示された。事務局長は自分で処理しようと、画面に表示された番号に電話。電話口の男の指示に従ってパソコンを操作し、遠隔操作ソフトをダウンロードさせられた。電話口の男は片言の日本語を話していたといい、外国人の可能性がある。

 ソフトにより、パソコンが遠隔操作され、不審に思った事務局長がネットセキュリティーの担当者を呼び、事態が発覚した。

 事務局長のパソコンにはアダルトサイトにアクセスした記録があり、局長も同日昼休みに閲覧したことを認めたという。パソコンの閲覧記録から、事務局長は日常的にこのパソコンでアダルトサイトを閲覧していたとみられる。

公私混同が招いたトラブル

 同町では庁内のパソコンのウイルス対策は行っていたが、有害サイトの閲覧を制限するフィルタリングなどは設けていなかった。

 町が問題発覚後に委託した業者の調査によると、パソコンが外部から遠隔操作されたのは、3日午後4時3分から同41分の38分間で、内部の情報が閲覧、コピーされていた。

 パソコンには議員名簿や議会の資料など開示されているもののほか、事務局長が私的に作成した地元集落の緊急連絡先名簿もあり、名簿には117世帯分の住所、世帯員氏名、生年月日などが記載されていた。

 ただ、どの文書が持ち出されたかなどは分からず、これまでのところ情報流出による被害もないという。

被害届提出も行き詰まり

 業務中に町のパソコンでアダルトサイトを常習的に見ていただけでも厳罰ものだが、その上、やすやすとネット犯罪に利用され、内部情報を流出させたことは、町の幹部として危機管理への意識があまりにもお粗末だったと言わざるを得ない。