産経WEST for mobile

【経済裏読み】琵琶湖に進出した自転車業界の巨人「ジャイアント」 82歳カリスマ創業者“キング・リュウ”が「聖地」宣言

記事詳細

琵琶湖に進出した自転車業界の巨人「ジャイアント」 82歳カリスマ創業者“キング・リュウ”が「聖地」宣言

経済裏読み更新

 世界最大の自転車メーカー、台湾・ジャイアント社が日本進出を加速させている。といっても、工場を作るわけではない。日本の自治体と観光振興で手を結び、サイクリングコースを開発したり、台湾から旅行者を呼び込んでインバウンドに貢献したりと、日本の自転車人気の盛り上げに一役買っているのだ。5月には滋賀県・琵琶湖を新たなターゲットに定め、創業者のキング・リュウこと劉金標会長(82)が来日。自ら湖畔を快走し、「サイクリングの聖地にする」と宣言した。

<< 下に続く >>

(大阪経済部 上野嘉之、産経デジタル「Cyclist」 澤野健太)

自転車界のドン

 劉会長は、一代で台湾を自転車王国に変えた立志伝中の人物で、世界の自転車界のドンともいわれるカリスマ経営者だ。

 ジャイアント社は、自社ブランド「GIANT」と女性向けブランド「Liv」(リブ)が展開する低価格・高品質の製品で世界の自転車市場を席巻。日本でもクロスバイク、ロードバイクなどの人気が高い。また、世界各国の主要なスポーツ自転車メーカーにカーボン製やアルミ製のフレームをOEM供給し、市場に広く深く浸透している。

 さらに、同社がサポートするサイクルロードレースチーム「ジャイアント・アルペシン」と女子チーム「ラボバンク・リブ」は、ツール・ド・フランスなど世界最高レベルのレースで数々の勝利を挙げている。キング・リュウが築いたジャイアント王国は、自転車界の頂点を極めている。

 このように業界に強い影響力を持つ劉会長が5月20日、琵琶湖へ乗り込んだ。目的は、サイクリングコースをアピールするためだ。

滋賀県知事らが伴走

 82歳と高齢ながらロードバイクをさっそうと乗りこなし、長距離サイクリングも平気という劉会長。この日は滋賀県の三日月大造知事、同県守山市の宮本和宏市長ら総勢40人余りとメディアの取材陣を従え、出発地のリゾートホテル「ラフォーレ琵琶湖」(守山市)からペダルをこぎ出した。

 コースは、サイクリングの初心者もベテランも楽しめる湖の景観が魅力だ。穏やかな水面や湖西の山々を眺めながら、しっかりとしたペダリングで進む劉会長。後ろには三日月知事やジャイアント社幹部らの長い列が続いた。

 約15キロ走って到着した長命寺港(滋賀県近江八幡市)からは、自転車を小舟に乗せて湖を渡る「漁船タクシー」を体験。湖面を進む劉会長は、カメラに向かって何度も両手を振るなどご機嫌だった。

聖地へ「条件はそろった」

 しかし、ただ物見遊山に来たわけではない。漁船タクシーに続いて乗船した観光船では、自転車の前輪を外して専用キャリアに固定する様子を見て「専用キャリアが必要なほど揺れるのか? 乗り降りに時間がかからないほうが良いのでは」と、経営者らしく問題点を指摘した。

 一行はスタートから3時間余りでゴール。取材陣に囲まれた劉会長は、「景色には十分満足した。サイクリングの聖地にするためにやることはいっぱいあるが、条件はそろっている」と語り、「聖地」として売り出す考えを公言した。

 劉会長が指摘する条件とは、サイクリストに愛される景観に加え、サイクリングに適した気候風土、コースの魅力、地元のグルメ、交通アクセス、宿泊施設、住民や自治体の協力…など多岐に渡る。琵琶湖にはそれらがそろっていると、世界一の自転車メーカーのトップがお墨付きを与えた瞬間だった。