産経WEST for mobile

【私の時間 シネマ】ちょっとジャニーズっぽくしようと… 西畑大吾「関西ジャニーズJr.の目指せ♪ドリームステージ!」

記事詳細

ちょっとジャニーズっぽくしようと… 西畑大吾「関西ジャニーズJr.の目指せ♪ドリームステージ!」

私の時間 シネマ更新

 短く刈り込んだ髪を明るい茶色にした19歳。「髪が伸びるまで、少しジャニーズっぽくしようと(笑)」

<< 下に続く >>

 ドラマ初出演のNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」の主人公の息子役に続き、「あさが来た」でヒロインの姉の次男役を好演したばかり。「毎週見てくださった方は、映画の僕を『誰やねん』と驚くかも」

 「関西ジャニーズJr.の目指せ♪ドリームステージ!」は、関西ジャニーズJr.出演の劇場版第3弾。売れない地域アイドルグループに入った風太(西畑)を軸に、解散がかかるミュージカルライブの成功に向けて奮闘するメンバーを描く。京都の撮影所で撮られた。

 「今の僕たちで映画ができる喜び。僕自身は映画初出演で初主演の肩書は重いけど、映像の仕事が好きなのでうれしかった」

 最初に台本を読んだとき、小器用に生きている風太をもどかしく感じた。だが、そんな主人公はメンバーから「失敗を恐れて全力を出さない」と言われ、初めて感情をあらわに。「逃げている自分を射貫かれた。一番大切にした場面です」

 自身は転ぶことを恐れない。「何度も挫折して起き上がってきた。転んで成長するもんやと思うから」

 中学3年時、何も知らずにオーディション会場へ。母に「絶対に行かへん」と言い続けたが、玩具店で好きなものを買ってあげると言われ、すぐ態度が急変。「吉本新喜劇と同じパターン(笑)」で今に至る。

 事務所に所属して約5年。組んだグループの消滅など「いろいろありましたよ」。座長を務めた昨夏の松竹座公演では毎日、力のなさに落ち込んでは必死で浮上。「この経験は自信になりました」

 幼い頃、将来の夢は「忍風戦隊ハリケンジャー」や「インディ・ジョーンズ」に憧れ、「考古学者」と文集に書いた。今は偶然飛び込んだこの仕事一筋だ。「生半可な気持ちでは“WEST兄さん”に申し訳ない」。今シリーズの前2作にジュニア時代に出演した先輩がいるグループ「ジャニーズWEST」を思う。

 「あさが来た」の自身の最後の収録日。主人公の夫の弟役を演じた「-WEST」の桐山照史(あきと)から食事に誘われ、「ジュニア時代は何にでも食らいつけ」との金言をもらう。舞台演出家に言われた「芝居に飲み込まれ、怖くなるぐらいまでやれ」と重なった。

 「アイドル、俳優としてがむしゃらにぶつかります」。またひとつ、階段を上った。=公開中

文・橋本奈実