産経WEST for mobile

路上にコンクリ事件、17歳少年逮捕「殺すつもりなかった」 殺人未遂容疑で大阪府警

記事詳細

路上にコンクリ事件、17歳少年逮捕「殺すつもりなかった」 殺人未遂容疑で大阪府警

更新
1/1枚

 大阪府交野市の市道で今月17日、のぼり旗を立てるためのコンクリート製の土台が路上に放置され乗用車が接触、乗っていた男女2人が負傷した事件で、大阪府警交野署は20日、殺人未遂容疑で、同市内に住むアルバイトの少年(17)を逮捕した。同署によると、土台を倒したことは認めているが、「殺すつもりはなかった」などと殺意は否認しているという。同署はほかに関与した人物がいなかったか調べる。

<< 下に続く >>

 逮捕容疑は、17日午後11時15分ごろ、車両に接触させて運転手らを殺害しようと、同市私部西の市道に、鉄製の棒(長さ約1・1メートル)が埋め込まれた円柱形の土台(直径30センチ、高さ36センチ、重さ53キロ)を横倒しにして放置。走ってきた乗用車に接触させ、運転していた同府枚方市の男子大学生(19)と、助手席に乗っていた知人の女子大学生(19)に軽傷を負わせたとしている。

 同署によると、少年は19日夜、弁護士と母親に付き添われて自首してきたという。

 府内では10月23日未明にも大阪市住之江区で路上にコンクリート製ブロックが置かれてバイクが衝突、運転していた男性(51)が今月7日に死亡する事件が発生。府警が殺人容疑で捜査している。