産経ニュース for mobile

【政界徒然草】事実誤認・ちゃぶ台返し・遅い質問通告…「まっとうな政治」掲げる立憲民主党初の通常国会は旧態依然?

記事詳細

立憲民主党

事実誤認・ちゃぶ台返し・遅い質問通告…「まっとうな政治」掲げる立憲民主党初の通常国会は旧態依然?

政界徒然草更新
民進党から立憲民主党に入った蓮舫氏(右)と枝野幸男代表。「まっとうな政治」はどこに…(斎藤良雄撮影) 1/5枚

 昨年秋に発足した立憲民主党は「まっとうな政治」を掲げ、衆院選で躍進した。今国会は初めて臨む通常国会だが、蓮舫副代表(50)の事実誤認、辻元清美国対委員長(58)の「ちゃぶ台返し」、そして質問通告の遅れと、前身の旧民主党、民進党と変わらない体質を露呈し、一時は2桁台だった政党支持率も低迷している。

<< 下に続く >>

 「自民党に強く申し上げたいが、総理、防衛相、法相、官房副長官が6日夜に不適切な会合をしていた」

 蓮舫氏は15日のNHK番組で、こう声を張り上げ、西日本で大雨が降っていた中で安倍晋三首相(63)らが東京・赤坂の議員宿舎で開いた飲み会「赤坂自民亭」をなじった。

 ここで蓮舫氏はミスを犯した。正しい開催日は「5日夜」。気象庁は5日夜に記録的な大雨になる恐れがあると発表し、6日に数十年に1度の異常な大雨に最大の警戒を呼びかける「大雨特別警報」を発した。5日と6日では状況が全く異なっていた。とはいえ、首相や閣僚は飲み会への出席を回避すべきだった、と結果的には言えるだろう。

 ちなみに5日夜は立憲民主党の手塚仁雄国対副委員長(51)も国会近くで「政治活動25周年感謝の集い」を催していた。枝野幸男代表(54)や手塚氏の盟友の蓮舫氏ら党幹部がそろい踏みし、祝杯をあげていた。

 政府・与党の飲み会と、野党議員の政治資金パーティーを同列に扱うことはできない。しかし、政府・与党を厳しく追及する際に事実誤認や二重基準があれば、せっかくの「まっとうな主張」が色あせる。

 蓮舫氏の残念な言動は、これだけではなかった。15日のNHK番組では「災害救助法では、みなし仮設(住宅)として、マンションや旅館・ホテルの借り上げが可能となっているので、一日も早く施設を借り上げ、希望する方に移ってほしい」と求めた。

 一見まっとうな主張のように聞こえるが、的外れだった。政府は12日の段階で公営住宅など1万7千戸、民間賃貸住宅5万4千戸、800人分の旅館・ホテルを確保し、首相官邸のホームページで公表した。蓮舫氏によれば政府が「施設を借り上げていない」と聞こえるが、そんなことはなかった。民進党代表時代、台湾とのいわゆる「二重国籍」問題を当初は否定し、その後説明を二転三転させて求心力を失った蓮舫氏は何ら変わっていない。

 辻元氏による「ちゃぶ台返し」は、憲法改正手続きを定めた国民投票法改正案をめぐる対応だ。改正案は、平成27年の改正公職選挙法で定めた洋上投票の拡大などの規定を反映する内容だ。この公選法改正は全会一致で可決し、国民投票法の改正案も野党は賛同すると思われた。

写真ギャラリー

  • 7月4日、国会内で開かれた衆院憲法審査会の幹事懇談会。与野党は国民投票法改正案の提出でいったん合意したが、立憲民主党などの「ちゃぶ台返し」が起きた
  • 野党6党派の会談に臨む立憲民主党の福山哲郎幹事長(中央)ら=6月20日、国会内(春名中撮影)
  • 自民党の森山裕国対委員長(左)に申し入れを行う立憲民主党の辻元清美国対委員長=6月25日、国会内(春名中撮影)
  • 参院予算委員会で質疑を行う立憲民主党の福山哲郎幹事長(右)。事前の質問通告が遅れ、官僚らが大勢待機することとなった=6月25日、参院第1委員会室(春名中撮影)