産経ニュース for mobile

【ニュースの深層】直近の処分たった2人! 教員の「日の丸」「君が代」妨害が沈静化してきたワケ

記事詳細

【ニュースの深層】直近の処分たった2人! 教員の「日の丸」「君が代」妨害が沈静化してきたワケ

更新
1/1枚

 先生たちが国旗の「日の丸」掲揚を妨害したり、国歌の「君が代」斉唱時に座ったままだったり…。卒業式や入学式での国旗国歌をめぐる混乱。教育現場で長く懸案となっていたが、近年はほぼ沈静化している。文部科学省が昨年12月に公表した調査結果によれば、国旗掲揚と国歌斉唱に関し平成28年度に懲戒などの処分を受けた公立学校の教員は2人のみで、昭和60年度の調査開始以来過去最少となった。背景には、国旗国歌に頑強に反対してきた世代の定年退職に加え、裁判闘争における“敗北”が影響しているようだ。(社会部 寺田理恵)

<< 下に続く >>

(※1月29日にアップした記事を再掲載しています)

教員処分はピーク時の100分の1以下

 国旗掲揚や国歌斉唱に関し職務命令違反で処分を受ける公立学校の教員数は、増減を繰り返しつつも平成20年ごろから減少傾向にある。

 文科省が公表した28年度の人事行政状況調査によると、同年度に処分を受けたのは東京都内で減給1人、大阪府内で戒告1人の計2人(いずれも懲戒)で、前年度の17人(懲戒14人、訓告など3人)から大幅に減少。200人以上の処分者が出た12年度や15年度に比べ、100分の1以下となった。

 文科省の担当者は「教員に国歌斉唱時の起立を指示する職務命令が最高裁で合憲と判断され、減少につながった」と分析する。

国旗国歌は「侵略の象徴」? 組合の反発で自殺事件も

 厳粛であるべき卒業式や入学式で、国旗国歌が適切に扱われていないという批判は、昭和後期から顕在化していた。しかし平成元年3月改定の学習指導要領に「(卒業式や入学式で)国旗を掲揚するとともに、国歌を斉唱するよう指導するものとする」と規定され、大幅に改善する。小学校入学式の国歌斉唱率は昭和60年度の46・4%から平成2年度の75・1%に、中学は62・3%から76・8%に、高校では49・0%から64・8%に、それぞれ上昇した。

 一方、国旗国歌を「アジアに対する侵略の象徴」などと位置づける教職員組合の強い地域では、反対運動がより激しくなっていく。広島県では平成11年、国旗国歌問題で当時の文部省から是正指導を受けた県教育委員会と、反対する組合との板ばさみとなった県立高校長が卒業式の前日に自殺する事件が発生。翌12年には東京都国立市の小学校で、卒業式に国旗を掲揚した校長を、反対派の教員に感化された児童ら約30人が取り囲み、一部が土下座謝罪を要求する事件も起きた。