産経ニュース for mobile

【経済インサイド】新サービス開発、ビッグデータ解析…変わる金融、広がるフィンテック

記事詳細

新サービス開発、ビッグデータ解析…変わる金融、広がるフィンテック

経済インサイド更新

 ITを活用した先進的な金融サービス「フィンテック」が国内でも広がってきた。大手銀行や保険会社は、ビッグデータの活用や人工知能(AI)の活用に取り組んだり、ベンチャー企業との協業で新たな金融サービス提供に乗り出したりしている。画期的なサービスを顧客の利便性向上や業務の効率化につなげる狙いだ。

<< 下に続く >>

 邦銀初の本格的なチャットサービス「みずほMessneger」を約2年前に始めるなど、フィンテック導入に力を入れているみずほフィナンシャルグループ(FG)。傘下のみずほ銀行では、スマートフォン向けのアプリを活用して入出金明細を一生閲覧できる「一生通帳」や、資産運用ロボによる無料助言サービス「SMART FOLIO」などを展開。ベンチャーや外部機関とも協業しながらユニークなサービスを数多く進めている。

フィンテック(Fintech) 「Finance(金融)」と「Technology(科学技術)」を組み合わせた造語。仮想通貨や米アップルの「iPhone(アイフォーン)」を使った支払いサービス「アップルペイ」など、IT企業を中心に異業種から参入が相次いでいる。顧客を奪われかねないとの危機感から、各銀行は関連部署を設置したりIT企業との提携を加速したりしてサービス拡充を競っている。

 みずほFGの金子慎太郎シニアデジタルストラテジストは「消費者の変化や技術の進化が早くなり、1つのサービスを2年や3年かけて作っていたのでは遅い」と、フィンテックに取り組む狙いを説明する。他のメガバンクも、ベンチャーを集め、技術やアイデアを競い合い取り込む「ハッカソン」と呼ばれる取り組みや、そこで優勝した企業との協業などに力を入れている。

 みずほ銀ではさらに、通信大手のソフトバンクと組み、AIとビッグデータを活用した個人向け融資事業を2017年度前半から始める予定だ。銀行口座の入出金履歴や携帯電話の支払い状況、職歴などのデータを元にAIが融資可能な金額などを算出する。スマートフォンで手続きが完了するため、店舗や人員面でコストの大幅な削減にもつながるという。

 一方、生命保険、損害保険の分野では商品開発に契約者情報などのビッグデータを活用する動きが出ている。

 フィンテックの保険版「インステック」の名称で力を入れているのは第一生命ホールディングスだ。15年末に社内各部門からえりすぐりの約30人を集め「インステックイノベーションシステム」を発足。このチームを中心に、医療や健康に関するビッグデータ解析で新たな保険商品の開発や手続きの簡素化に取り組んでいる。

プッシュ通知