産経ニュース for mobile

【安倍晋三首相×つんく♂さん新春対談】首相「ワクワクする日本作る」 つんく♂さん「声失っても音楽を世界へ」

記事詳細

首相「ワクワクする日本作る」 つんく♂さん「声失っても音楽を世界へ」

安倍晋三首相×つんく♂さん新春対談更新

 つんく♂ ハワイには日本人同士の助け合いがすごくあるんです。僕が日本にいる間に妻が病気になっても親身になって助けてくれる。東京やったら、知らない人に「ちょっと子供見てて」とかあり得ないじゃないですか。

<< 下に続く >>

 安倍 昨年暮れにハワイの真珠湾を訪れました。日本と米国は熾烈(しれつ)に干戈(かんか)を交えましたが、今は強い絆で結ばれ「希望の同盟」となりました。訪問は慰霊の意味もありますが、大切なのは和解の力ですね。70年余を経てお互いが信頼し合い、ともに力を合わせ、さまざまなことを成し遂げる。和解の力によってそれが可能になった。

 世界で戦争が絶えることがありませんし、憎しみが憎しみを呼んでいます。だからこそ相手を許し、理解しあうことが大切なんです。この和解の力をオバマ大統領と世界に向けて今こそ発信すべきではないかと思いました。日本は世界の国々からしっかりと役割を果たしていくことが期待されているんです。ですから日本が世界の真ん中で輝く国になるよう今年も頑張っていきたいと思っています。

 つんく♂さんが作詞・作曲したモーニング娘。のヒット曲「LOVEマシーン」の歌詞に「日本の未来は世界がうらやむ」とありますね。あの歌詞は今私たちが進めている政策と合致するんですよ。

 つんく♂ そうですか?

 安倍 まさに日本が世界の真ん中で輝く国になっていく。それと「どんなに不景気だって恋はインフレーション」ってあるでしょ。はやった頃はすでにデフレに突入していた。モノの価格が落ちるとマイナス思考になっていくんですね。そんな中で日々価値が上がっていくと歌った才能はすごい。われわれが今やっているデフレ脱却と合致するでしょ。最後は「『モーニング娘。』も、あんたも、あたしも」かな?

 つんく♂ 「社長さんも」です(笑い)。

 安倍 まさに1億総活躍社会じゃない。ちょっとこじつけてるけど(笑い)。

 つんく♂ 不景気な世の中でも恋の理想の未来はあるんだということなんです。ところで、日本のエンターテインメントについては、どうお考えですか。

 安倍 日本の国内総生産(GDP)は世界3位、自由民主主義国家では2位です。ならば日本のエンターテインメント、歌や映画、小説がもっと世界の人に楽しまれてよいと思うんですよ。言語が英語ではないハンディキャップはありますが、坂本九さんが歌った「上を向いて歩こう」は米ビルボードで1位になったじゃない。ですからエンタメはこれからもっと世界に出てもらいたいし、応援していきたいと思っています。

プッシュ通知

写真ギャラリー

  • 安倍晋三首相と対談するつんく♂さん=首相公邸(酒巻俊介撮影)
  • つんく♂さんと対談する安倍晋三首相=首相公邸(酒巻俊介撮影)
  • 安倍晋三首相(右)と対談するつんく♂さん。筆談できるようパソコンとディスプレーも持ち込んだが、習得したばかりの食道発声法での対談となった=首相公邸(酒巻俊介撮影)