産経ニュース for mobile

【困ったニャン騒動】山梨県庁が猫の新名所に 猫ファンVS近隣住民 知事は「共生」表明

記事詳細

山梨県庁が猫の新名所に 猫ファンVS近隣住民 知事は「共生」表明

困ったニャン騒動更新

    共同管理案も

 猫の繁殖を防ぐため、不妊・去勢手術の補助金を支給する自治体もある。甲府市では昨年、飼い猫だけでなく、市内に生息する野良猫も対象に、1件につき不妊手術で6千円、去勢手術も4千円の助成金を支払う制度を導入した。

 野良猫の場合は、日常的に餌を与えている人が「猫愛護者」の届け出を行い、対象の猫を写真を添えて特定する必要がある。

 ただ、この制度を県庁内の野良猫に活用するのは容易ではない。通りすがりに餌やりをする人も多く、申請する「猫愛護者」の特定も難しい。

 県衛生薬務課の動物愛護の担当者は「餌をあげている人と話し合い、県が共同で管理するのも一つの手段ではあるのだが…」と言葉を濁す。「県庁内の意思決定や費用のほか、誰が責任者になり、ふん尿の処理などをするのかなど、合意やルールづくりは簡単ではない」とも指摘する。

 果たして、猫たちが“県庁のアイドル”と認められる日は来るのか。黙認でも排除でもない柔軟な発想も問われそうだ。

 (甲府支局 外崎晃彦)

プッシュ通知