産経ニュース for mobile

【沖縄基地移転妨害現場ルポ】本紙記者の直撃に「どうせネット右翼がネタ元でしょ!」と逆ギレ そのあきれたロジック

記事詳細

本紙記者の直撃に「どうせネット右翼がネタ元でしょ!」と逆ギレ そのあきれたロジック

沖縄基地移転妨害現場ルポ更新

 防衛省職員への暴行、米軍施設への不法侵入、権限なき検問…。沖縄県の米軍北部訓練場(東村など)ヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)の移設工事をめぐる工事反対派の妨害活動では、違法行為が蔓延している。なぜ違法行為は止まらないのか。取り締まり態勢にも課題はあるが、第一義的に責任を問われるのは反対派だ。反対派に意見を聞くと驚くべき回答が返ってきた。

<< 下に続く >>

 子供の通学を妨害?

 「この車の持ち主の方いますか? いませんか? いませんね?」

 9月26日午前、沖縄県東村の高江橋で、沖縄県警の警察官がハンドスピーカーで何度も呼びかけた。高江橋は片側1車線だが、両方の車線に約10台の車両が放置されていた。反対派とおぼしき人たちが橋の上に座り込んでいる。何のために使うのか警察官の顔写真を撮る人はいるが、誰も県警の呼びかけには応じない。

 高江橋は、反対派が「N1ゲート」と呼ぶ北部訓練場の搬入口に通じるルート上にあり、土砂や資機材を運び込むトラックを妨害するために車両を放置しているのは明白だ。だが、沖縄県警は車両を撤去するわけではない。車両を片側の車線にレッカー移動し、トラックの通り道をつくっただけだった。

 なぜ車両を撤去しないのか問いかけてみたが、警察官は悔しそうな顔をするだけで明確な回答はなかった。

 反対派が訓練場周辺で、通行車両に乗る人物が政府関係者や工事業者でないかを確かめようと勝手に行う“検問”も違法行為だ。だが、これも検挙の対象になっていない。東村の農業、依田啓示氏が業を煮やして警察を呼んだところ、駆け付けた警察官は反対派と約1時間押し問答して帰ったという。

 地元住民によると、ヘリパッド移設工事が再開した7月22日前後から、訓練場周辺には数十人の反対派が陣取り、多いときは200~300人に達する。これに対し、沖縄県警だけではなく警視庁など全国の警察から応援が入り、民間警備会社もN1ゲート前などに配置されている。

 警備に当たる人員の心理的プレッシャーは大きい。N1ゲート前に配備されている警察官のほとんどはマスクやサングラスをかけていた。反対派が顔写真を撮り、「沖縄県民弾圧のためにやってきた福岡県警の面々」などといった説明書きを添えてネット上に掲載するからだ。関係者は「反対派の人から、お前の子供を学校に通えないようにしてやるといわれた」と漏らす。

プッシュ通知