産経ニュース for mobile

【スクリーン雑記帖・予告編つき】夏休み映画の主役は“異星人”や“お化け”ではなく中国? ハリウッドの「媚中」に日本の観客もあきれ気味!

記事詳細

夏休み映画の主役は“異星人”や“お化け”ではなく中国? ハリウッドの「媚中」に日本の観客もあきれ気味!

スクリーン雑記帖・予告編つき更新

 ハリウッドの映画会社にとって、中国がもたらす巨額の投資資金や莫大な観客動員数はやはり魅力。中国にこびを売るのも分かるが、それによって失うものも大きいことに早く気づいてほしい。少なくとも日本の観客は既に肌で感じ取っているのだから。(伊藤徳裕)

プッシュ通知