産経ニュース for mobile

【藤本欣也の韓国探訪】朴正熙と蒋介石が握手を交わす1枚の写真 不思議な因縁がつむぐ韓国華僑の秘められた歴史は

記事詳細

朴正熙と蒋介石が握手を交わす1枚の写真 不思議な因縁がつむぐ韓国華僑の秘められた歴史は

藤本欣也の韓国探訪更新

 韓国の全羅北道群山(グンサン)市とソウル近郊の仁川(インチョン)広域市には共通点がある。ともに19世紀に開港し、戦前から華僑が居住するなど、中国との関係が深いことだ。今回は、韓国の中の「中国」を探訪する。(群山、仁川 藤本欣也、写真も)

<< 下に続く >>

 群山市内でタクシーに乗り、行く先の薬局名を伝えると、50代ぐらいの運転手は顔をほころばせた。

 「知っていますよ。子供のころ、薬を買いに行ったものです。懐かしいなあ」

 小さな商店街に「中国長壽堂薬局」はあった。店長で群山華僑協会会長の★(刑のつくりがおおざと)広義氏(70)が店の外で待っていてくれた。

 1945年、中国山東省栄成市で生まれ、家族とともにソウル近郊の仁川に移住。5歳のとき、朝鮮戦争の戦火を逃れて群山にやってきた。大学の薬学部を出て71年から店を経営している。

 「チャイナドレスを着るのも結婚式のときぐらい。普段の生活で自分が華僑だと意識することはないわ」

 市内の老舗中華料理店「濱海園」。会長の隣に座った長女、★(刑のつくりがおおざと)礼容さん(45)は笑った。会長、礼容さんともに韓国語、中国語を不自由なく操る。

 市内に41年開校の華僑小学校があり、中国語で授業が行われているらしい。会長も礼容さんも卒業生だ。

 韓国と中国は最近、経済的な結びつきを強めている。中国人観光客の“爆買いツアー”で経済が潤っているのは日本だけでなく、韓国も同じ。しかも群山は山東省から近い。

 -チャイナマネーは群山にどんな経済効果をもたらしているのでしょうか? 

 意気込んで聞く私に、会長は静かにほほ笑みながら首を横に振る。

 「ありませんな。華僑の社会にも特に影響はないですよ」

 会長によると、戦前、1200人以上いた華僑も今では10分の1の120人余り。しかも大半は戸籍を残しているだけで、実際に住んでいるのは40人ほどだというではないか。

プッシュ通知