産経ニュース for mobile

こんな人は貧乏になりやすい!「5つの特徴」を専門家が解説

記事詳細

こんな人は貧乏になりやすい!「5つの特徴」を専門家が解説

更新
1/1枚

 いまや、若い世代にも広がっているお金の不安。「自分だけは大丈夫」とはなかなか言えない状況になっている。

<< 下に続く >>

 「教えて!goo」「計画性のない人は貧乏になりやすいですか?」という質問には、「マネープランを念入りに立てても、それを実行しなければ貧乏になります」(GodSaveUsさん)、「計画性がないと瞬く間に底をついて貧乏になると思います」(mimidropさん)などの回答が。そこで、どのような生活習慣が貧乏を招くのか、お金のプロに聞いてみた。

貧乏になるのはどんな人?

 ファイナンシャルプランナーの山下幸子さんによると、以下の5つの行動を日常的に取っている人は要注意なのだそうだ。

1)ポイント、セールなど「お得感」に弱い

実は買い物ではなく、ポイントを貯めるのが目的で、「いつかは必要だから」が口癖。

 「このタイプは缶詰や調味料もデッドストックとなり、結局廃棄してしまいます。買い置きがたくさんあるからといって、トイレットペーパーなど日用品を贅沢に使用してしまいます。また、貯めたポイントはおまけ感覚があるので、思慮なく無駄使い的に使うようです。逆に、保有しても金利はつかないのにポイントを貯め続ける人もいます」(山下さん)

 さらに、セールや特売、ポイント〇倍デーという日に消費行動する人は余分な物を買いがち。多めに買ったものは「安く買ったから」という理由で大事にしないとのこと。

 「多く買って、無駄に使う。これこそ、『安物買いの銭失い』です」(山下さん)

2)クレジットカードで何でも支払う

 クレジットカードはそもそも支払の先送り。クレジットカードばかり使用していると、実はお金を使っていないという感覚にさせるのだとか。

 「赤字の月にクレジットでキャッシングするのも危険。支出を調整することよりも、不足分を借金で補うというやり方です。最初は1万円ぐらいの気持ちでも、だんだん慣れてしまい3万、5万、10万と膨らみ返済困難に陥るケースもあります」(山下さん)

3)リボ払いや分割払いをよく利用する

 このタイプは目先にとらわれ、結果的に不要な利息を支払ってしまうことに気が付かないのだそう。

 「リボ払いは金利が10%以上かかる高金利。ですが分割ということで、ついつい身の丈に合わない高額な物でも手に入れてしまう。リボ払いはなかなか支払が終わらないので、リボ払いの癖がつくと、借金で苦しみ、貯金ができない家計になりやすいです」(山下さん)

プッシュ通知