産経ニュース for mobile

【ベンチャーの挑戦】不審者検知のカギはスマホの電波 内部犯行もバレバレ ITベンチャーが防犯システム開発 

記事詳細

不審者検知のカギはスマホの電波 内部犯行もバレバレ ITベンチャーが防犯システム開発 

ベンチャーの挑戦更新

 スマートフォンが常時発している電波を捉(とら)え、不審者の侵入防止などに威力を発揮するセキュリティーシステムを、東京のITベンチャー「Coorde7(コーデセブン)」が開発した。肌身離さず持ち歩くスマホの利便性を逆手にとり、電波の存在を可視化するセキュリティー対策として注目される。

<< 下に続く >>

 同社CEOの河合成樹さんによると、「BE BARRIER」と名付けられたシステムで、8・5センチ×5・6センチの小型端末を部屋などに設置。端末の半径約30メートルの範囲に、スマホなど電子機器が発するWi-Fi(ワイファイ)やBluetooth(ブルートゥース)などの電波を検知する。

 専用パソコン側で、普段から飛び交っている電波の種類をあらかじめ把握。スマホを所持した、まったく無関係の何者かが侵入してくると、普段と異なる「例外の電波」として検知する。こうして不審者の存在を知ることができるわけだ。

 把握済みの「内部関係者」のスマホの電波も、未明など無人のオフィスに近づけばその形跡が残るため、「『内部』による情報漏洩対策などにも役立てられる」(河合氏)。

 スマホなどが発する電波の強弱は、監視端末からの距離と相関関係がある。PC側で強弱をみることで、不審者が近づいてきたのか、遠ざかっていくのかをリアルタイムで把握できるのも特徴だとしている。

 監視対象となるのはスマホだけではくパソコン、タブレット、ドローン、カメラ、遠隔操作リモコンなど多岐にわたる。

 河合さんは「スマホを持ち歩く不審人物は多い。監視カメラなど従来の防犯機器と組み合わせればさらに高いセキュリティーを確保できる」と話す。(柳原一哉)