産経ニュース for mobile

【舛添知事定例会見録・28日(1)】別荘問題に「人間ですから気分転換したり、体調を整えるのは都知事の大きな責務」

記事詳細

別荘問題に「人間ですから気分転換したり、体調を整えるのは都知事の大きな責務」

舛添知事定例会見録・28日(1)更新

 「それから、今そういうご質問があったから言いますが、大体私のパターンは、昨日申し上げたように、書類をいっぱい持っていって、朝から晩まで仕事をして、1週間のまとめができませんから、それをやる。グランドデザインなどの構想もそこで考える。それで、大体、夕方着きます、日暮れぐらいに」

 「それともう一つ、昨日申し上げたのは、昨年の4月に大変大きな手術をしました。大手術をしたので、体調を早く整えないといけないので、体調を整えるという大きな要因もある。それで、大体、お昼ぐらいには、もう湯河原をたっています。だから、金曜日の夕方入って、土曜日の3時ぐらいには、世田谷の自宅に戻っています。世田谷の自宅に戻るのは、公務に行くわけではないですから、それは自分の足で行く」

 「それから、危機管理の面は、要するに、今、例えば直下型地震が起こる。それで、お互いの携帯が使えない、通信網が寸断されたと。そのときに、確実に連絡体制がとれるシステムを持っているのは、世田谷の事務所と湯河原の事務所です。ですから、先ほどの例で言うと、申し訳ないが、テレビ局がとってくれたお台場のホテルに泊まっていて、ホテルの回線が全部パンクしたときは通じないです。しかし、湯河原の方は、はるかに通じる。そういう危機管理体制はしっかりしております」

 「それから、高速道路が走っていますから、東京から湯河原に行くのに、渋滞とかあると、連休の渋滞とかは別ですが、普通は大体1時間半かかるか、かからないかぐらいです。私が申し上げたいのは、私がどこにいるかわかりません。今度、福島に行きます。そのときに起こるかもしれない。この前はアメリカにいたわけですから。だから、連絡体制をとっているということが一番大事だということで、東京都にいるか、周辺にいるか、どこにいるかというのは、実は危機管理上は、今言った設備がちゃんとされていれば問題なくて、これも、東京都は広いですから、ご承知のように。昨日申し上げた方は、奥多摩とか檜原に例えば私の家があったとします。遠いから、このあたりのアパートに住んでいて、しかし、やはり週末、自分のうちに帰る方がはるかに気分転換になる。もっと言うと、島嶼部も東京都ですから、三宅島とか八丈島とか。ただ、少なくとも時間、距離的にいうと、先ほど1時間半以内に来られるというのは早いです、湯河原の方が」

 「それから、私が何度も行こうと思って、天候不良で行けなかったのですが、時間的な理由とか、ヘリコプターの理由で。やはり奥多摩、檜原もヘリコプターで飛ぶ。急ぐときはあると思います。ヘリポートの場所ももちろんそばにちゃんとあって、グラウンドがあって、それは神奈川県警と東京都の警視庁がすべてシミュレーションをやって、遺漏ないようにやっているということですから、危機管理体制も問題ではありません」

 「だから、例外的に、日曜日は向こうにいることもありますが、基本的には土曜日の3時ぐらいに戻ってきて、24時間いないのです。特に体調ということと仕事をまとめるということで、仕事まとめは大体お昼ぐらいに終わりますから、1週間分。それで戻ってきている、こういうパターンでありますので、ぜひご理解をいただければと思っております」

 --湯河原に行く一番の理由は。

 「政治家というのは、トップリーダーです。先々のこと、大きなグランドデザインを描く作業があるのです。テレビの番組を作る場合も、週末、場所と雰囲気を変えてやることによって、視聴率の非常に低かった番組を高い番組に上げることができるという、すばらしい発想が生まれることもあるわけです。それからやはり空気の良いところで休むということも。都知事というのはしっかり健康を保って都民のため、私は365日24時間、公私の区別はなく全部、都民のために働いていると思っていますから。それは皆さん方も分かるように、朝から来て晩までやって、それからIOC関係の海外の方が来られても、どんなに疲れていても夜のおもてなしをしたりして、一生懸命働いていますので、そこはご理解いただければ」

 「ただ、やはり人間ですから、気分転換をしたり、特に先ほど申し上げた、皆さんご承知のように股関節の大手術をやっていますから、それはやはり体調を整えるというのは、私は都知事の大きな責務だと思って、そういうことも総合してということでご理解いただければと思っています」

 --世田谷までと湯河原までだと、かかる費用が違うが必要な経費と考えているか。

 「東京都知事はどんなところでも仕事をしたり、動くことは、それはニューヨーク、ワシントンもそうです、私は、必要な経費を使って都民のために大きな仕事をしてきたと思っています。それから、いろいろな現地視察をやります。多摩にも行きます。おそらく多摩に行ったときのガソリン代などということを考えたら、どちらがかかっているか分かりません。しかし、そういうことを、すべてはきちんと都民のためにこれだけの成果が上がったということで、ご評価いただきたいと思っております」

 --ルールにのっとれば、湯河原ではなくて、北海道でもいいことになる。今、議論しなければいけないのは、1年間にわたって毎週末に行っていたことについて、いかがなものなのかということが問われている。今後も全く変える必要はないと考えているか。

 「それは、先ほど言ったように体調を整えるとか、いろいろな目的があります。そういう目的が達せられれば、それは変えることはあり得るということなのですが…。ただ私はやはり、今、言ったような原則というか、これがありますよということを申し上げたいということだけで、あとは、例えば仕事のこと、これはもう今週は済みましたとか、それから特に体調をしっかり整えることがもう可能になりましたというようなことがあれば、それは十分変えることはあります」