産経ニュース for mobile

【日中韓首脳会談】安倍晋三首相「北朝鮮は大量破壊兵器の完全、検証可能かつ不可逆的な方法での廃棄に取り組むべき」

記事詳細

安倍晋三首相「北朝鮮は大量破壊兵器の完全、検証可能かつ不可逆的な方法での廃棄に取り組むべき」

日中韓首脳会談更新
日中韓首脳会談で、あいさつする安倍首相=9日午前10時2分、東京・元赤坂の迎賓館 1/1枚

 安倍晋三首相は9日、東京・元赤坂の迎賓館で開かれた日中韓首脳会談の冒頭、「国連安全保障理事会決議に従って、北朝鮮によるすべての大量破壊兵器やあらゆる弾道ミサイル計画の完全、検証可能かつ不可逆的な方法での廃棄に向けた取り組みを進めていくべきだ。今後、北朝鮮が具体的な行動を取るよう、日中韓が国際社会とも連携し、強く求めていかなければならない」と述べた。

<< 下に続く >>

 また「南北首脳会談の成功を祝福し、韓国の文在寅大統領のリーダーシップを称賛する。板門店宣言文に完全な非核化が盛り込まれたことを評価する」と述べた。

 さらに「拉致問題の早期解決に向けて連携していきたい」とも表明した。