産経ニュース for mobile

きょう2月7日は「北方領土の日」 ゆるキャラ、「北方領土問題」を語る

記事詳細

日露首脳会談

きょう2月7日は「北方領土の日」 ゆるキャラ、「北方領土問題」を語る

更新
産経新聞の取材に応じる北方領土のイメージキャラクター、「北方領土エリカちゃん」(本間英士撮影) 1/5枚

 2月7日は「北方領土の日」。なぜこの日なのかを含め、北方領土に関心を寄せる人は多くないのが実情だ。「北方領土問題」とは何か。どういう経緯をたどり、現在に至ったのか。北方領土のイメージキャラクター、エリカちゃんに話を聞いた。

<< 下に続く >>

“直球”ツイートで話題

 北方領土は、北海道の北東に位置する、北から▽択捉(えとろふ)島▽国後(くなしり)島▽色丹(しこたん)島▽歯舞(はぼまい)群島-のことだ。1945年からロシア(当時ソ連)が実効支配している。

 択捉島より北の得撫(ウルップ)島などの島々については、「千島列島」(ロシア名・クリル列島)と呼ぶのが一般的だ。千島列島は1875年に明治政府がロシアと交わした樺太千島交換条約後は日本領になったが、1951年の「サンフランシスコ平和条約」で日本政府は、これら千島列島における諸権利を放棄した。

 だが、北方四島に関しては、日本政府は領有権を放棄していない。

 「北方四島は(歴史上)外国の領土となったことがない、日本固有の領土なんだピィ」

 語尾に「ピィ」がつく独特の口調でこう強調するのは、「北方領土エリカちゃん」。北方領土のイメージキャラクターだ。

 北方四島の調査や啓発活動、旧島民への支援などを行っている独立行政法人「北方領土問題対策協会」(荒川研理事長)によればエリカちゃんは女の子で、北海道根室市納沙布岬(のさっぷみさき)の崖に住んでいる。ちなみに好きな食べ物は、根室産のサンマに北方領土のサケ、マス。悩みはペンギンに間違えられること、だという。

 エリカちゃんは、主にツイッターやフェイスブックなどインターネットのSNS(会員制投稿サービス)を通じ、北方領土の情報を分かりやすく発信することに努めている。

 2015年2月につぶやかれた以下のツイートがインターネット上で話題になったので、覚えている人もいるのでは。

 「北方領土に関するクイズを出すピィ~♪まずは初級編だピ! 【第1問】北方領土を不法に占拠しているのはどの国でしょう?」

 見た目や言葉遣いのかわいらしさと、“直球”の設問とのギャップが話題を集め、リツイート(引用発信)数は3万を超えたのだ。

写真ギャラリー

  • 北方領土の位置を示した地図。1951年のサンフランシスコ平和条約により、日本は南樺太と得撫(ウルップ)島以北の千島列島の権利を放棄したが、北方四島は千島列島に含まれていない(北方領土問題対策協会提供)
  • 産経新聞の取材に応じる北方領土のイメージキャラクター、「北方領土エリカちゃん」(本間英士撮影)
  • 北方四島周辺海域を警備する海上保安庁の巡視艇(手前)とすれ違うように航行するロシア警備艇(海上保安庁提供)
  • 北方領土返還運動を進めるために考案された「ブラウンリボン」バッジ