産経ニュース for mobile

【名護市長選】秋の沖縄県知事選へ弾み 与党

記事詳細

名護市長選

秋の沖縄県知事選へ弾み 与党

更新
沖縄県名護市長選で初当選を決め、支援者らと喜ぶ渡具知武豊氏(右)=4日夜 1/4枚

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先がある沖縄県名護市の市長選で4日、移設工事を進める安倍政権が支援した新人が当選を決めたことで、与党内には「有権者が経済や暮らしを重視する訴えに耳を傾けた。秋の沖縄県知事選に弾みがつく」(自民党幹部)と歓迎する声が広がった。国政での足並みの乱れを乗り越え、移設反対の現職支援で共闘した野党は「力及ばなかった」(民進党の篠原孝選対委員長)と悔しさをにじませた。

<< 下に続く >>

 自民党の塩谷立選対委員長は記者団に「基地への対応と、地元の経済、教育、福祉を両立させようという訴えが市民に理解された」と勝因を分析。名護市辺野古への移設工事を「計画通り進めていく」と明言した。

 公明党の斉藤鉄夫選対委員長はコメントで「『活気あふれる名護』という候補の訴えに、8年間停滞した市政を転換したいという市民の思いが重なった」と強調した。

写真ギャラリー

  • 沖縄県名護市長選でテレビが渡具知武豊氏の当選確実を速報し、落胆の表情を見せる(左から)翁長雄志沖縄県知事、稲嶺進氏、律子夫人=4日夜
  • 沖縄県名護市長選でテレビが渡具知武豊氏の当選確実を速報し、厳しい表情の稲嶺進氏(右)と翁長雄志沖縄県知事=4日夜
  • 沖縄県名護市長選で落選が決まり、敗戦の弁を述べる稲嶺進氏。翁長雄志沖縄県知事(左端)ら支援者は落胆の表情を見せた=4日夜