産経ニュース for mobile

話題の人たちの2018年運勢は? 金正恩氏、山尾志桜里氏、貴乃花親方…有名占い師「原宿の母」が鑑定

記事詳細

貴乃花親方理事解任

話題の人たちの2018年運勢は? 金正恩氏、山尾志桜里氏、貴乃花親方…有名占い師「原宿の母」が鑑定

更新
山尾氏は7月以降に重大な転機が? 1/2枚

 2018年は話題の人物にとって重大な転機の年となりそうだ。立憲民主党の山尾志桜里衆院議員(43)と大相撲の貴乃花親方(45)、そして北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長(33)の運勢を有名占い師に鑑定してもらったところ、「別れ」「独立」「激動」という気になるワードが出てきた。(夕刊フジ)

<< 下に続く >>

 鑑定は、これまで10万人以上の対面鑑定実績があり、「原宿の母」と呼ばれる菅野鈴子氏に依頼。生年月日を元に判断するホロスコープ西洋占星術が用いられた。

 まず注目なのが、弁護士とのW不倫疑惑が報じられて民進党を離党後、無所属で衆院選に当選、昨年末には立憲民主党入りした山尾氏(1974年7月24日生まれ)。

 菅野氏は「情の厚さを示す『蟹座』の星と、プライドの高さを表す『獅子座』の星が、仕事運とプライベート運にそれぞれ1つずつあるが、獅子座に勢いがあるようだ。変化しないといけない時期で、いろんな人と出会うことになる」と分析。こんな気になることも付け加えた。

 「誕生日の7月から19年初めにかけて、パートナーとの関係を解消するとみられる」

 衆院選当選後に、男性弁護士を政策顧問に起用して驚かせた山尾氏。2人は「男女の関係」を否定しているが、憲法の解釈などで重大な相違が生じたりするのだろうか。

 弟子の十両貴ノ岩(27)が元横綱日馬富士(33)に暴行を受けた事件をきっかけに、理事を解任された貴乃花親方(72年8月12日生まれ)。菅野氏は「17年の仕事運は良くなかったが、18年に好転し、19年以降はもっと良くなりそうだ」とみる。日本相撲協会への逆襲もあるのか。

 さらに「仕事運に『獅子座』の星が2つあり、絶対に自分の立場を譲ることはない。折り合いがつかなければ、自ら別に相撲の団体を作るかもしれない」とまさかの独立論まで飛び出した。

 世界がその動向を憂慮しているのが核・ミサイル実験を繰り返した金正恩氏(84年1月8日生まれとされる)。菅野氏は「古い伝統を重んじる『山羊座』の星が2つある。祖父、父の代々のビジョンを守っていこうという気持ちが強いはず」と分析。一方で「思考があいまいなことを示す『魚座』の星も見える。周囲に物事を決断している人がいるのかもしれない」ともみる。

 18年は総じて上半期に大きな変化が起こる兆候が出ているといい、「北朝鮮も例外ではない。激しい動きは前半に集中するだろう。年の半ば以降は落ち着くはず」と菅野氏。米朝開戦は遠くないのか。

写真ギャラリー

  • 運気は良いという貴乃花親方