産経ニュース for mobile

激論 自民・和田政宗氏×維新・足立康史氏「政府批判ありき左派メディア」「国家危機に揚げ足取りの立民など野党」

記事詳細

激論 自民・和田政宗氏×維新・足立康史氏「政府批判ありき左派メディア」「国家危機に揚げ足取りの立民など野党」

更新
朝日新聞は「モリカケ報道」への批判を受け、読者にどう説明するのか 1/1枚

 2018年の国会論戦は、どうあるべきか。元NHKアナウンサーである自民党の和田政宗参院議員と、元経産官僚で「国会の爆弾男」として知られる日本維新の会の足立康史衆院議員が、一部野党と左派メディアの姿勢を批判しつつ、「真に求められる政治」について提言した。(夕刊フジ)

<< 下に続く >>

 足立氏「昨年の『モリカケ騒動』は、無責任野党と偏向メディアの連携が招いた結果だった。今年は、同様なことを再び起こさないために、戦わなければいけない」

 和田氏「事実に基づいて分析し『国家と国民を守るために何が必要か』ということを提示するのが、メディアやジャーナリズムの役割として極めて重要だ。今の一部報道は『政府批判ありき』になっている」「朝日新聞は17年5月9日朝刊で、森友学園が『安倍晋三記念小学校』の設置趣意書を国に提出したと報じたが、誤りだった。裏取りすれば、すぐに分かる話だ。公正なジャーナリズムであれば、確認できないうちは記事にしない。17年は『ジャーナリズムが死んだ年』の元年だ」

 足立氏「私は20年間、霞が関にいた。行政の実務を知る者からすれば、森友学園と加計学園のいずれのケースも、疑獄事件にならないことは初めから明らかだった」

 和田氏「私も、資料や取材に基づき、『政治家の関与は、まったくない』と指摘してきた」

 足立氏「森友学園の件は、詐欺罪に問われている前理事長夫妻に恫喝(どうかつ)された公務員がびびった。これが、ことの核心だ。加計学園の方も、行政の岩盤規制に穴を開けるために調整や根回しがあっただろう。いずれも、行政手続き上の課題といった次元で、『疑獄事件だ』と騒ぐのは、失笑ものだ」

 和田氏「政府は、疑惑として報じられたとき、さまざまな根拠を示しながら、丁寧に説明することが大事だ」

 足立氏「野党の立場から言わせてもらうと、政府・与党に油断があったと思う。ここまで引っ張る必要のないテーマで、一部野党に引きずられてしまったことを反省すべきだ」

 --日本の安全保障をめぐり、「敵基地攻撃能力の保有」などを議論しようとすると、一部野党は「専守防衛に反する」と反発する。

 足立氏「専守防衛は『本土決戦』を意味し、国民の生命と財産をリスクにさらす。無責任野党の主張は、極めて遺憾だ」

 和田氏「与野党が(堂々巡りの)『神学論争』をするのではなく、国民を守るためにやらなくてはならないことを真剣に考えることが、まっとうな政治だ」「北朝鮮からのミサイル攻撃に対する迎撃ミサイルをさらに配備するか、トマホークなどの巡航ミサイルを導入するか。限られた予算でどちらを選択するか、という建設的な議論こそ、国民を守るために必要だ」

 足立氏「これだけ国家が危機に直面している。立憲民主党をはじめ一部野党は、政府・与党の揚げ足取りをしている場合ではない」=おわり