産経ニュース for mobile

麻生太郎副総理、東京新聞記者に「処罰法、結果として良かった。訂正記事出てない」

記事詳細

麻生太郎副総理、東京新聞記者に「処罰法、結果として良かった。訂正記事出てない」

更新
閣議を終え会見する麻生太郎副総理兼財務相=15日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影) 1/1枚

 麻生太郎副総理は15日の記者会見で、「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法をめぐる報道に関する自身の発言の見解をただした東京新聞の記者に対し「(同新聞は処罰法を)やったら良くないと書いていた。しかしそれは嘘だった」と反論した。

<< 下に続く >>

 また「(処罰法ができ)結果として良かった。しかし、訂正記事が出ていない」と指摘。「あおった記事が結果として違ったら、それだけ世の中を騒がせたわけだ。“社会の公器”の責任は(どうなる)」と批判した。

 麻生氏は14日、自民党の金田勝年前法相のパーティーで、「共謀罪」と批判した報道に「議論しているときはぼろかすにたたき、いまごろ『やって良かった』という。そういう新聞にお金を払って読んでいる人の気が知れない」と述べた。