産経ニュース for mobile

【衆院選】安倍晋三首相、田園風景で第一声 今回も福島から選挙戦スタート

記事詳細

安倍晋三首相、田園風景で第一声 今回も福島から選挙戦スタート

衆院選更新
福島市内で第一声に臨む自民党の安倍晋三首相=10日午前、福島市佐原(松本健吾撮影) 1/5枚

 安倍晋三首相(自民党総裁)は10日午前、福島市佐原の「踊る小馬亭向かい広場」で選挙戦をスタート。田園風景の中で福島1区の候補者への支持を訴えた。

<< 下に続く >>

 首相は平成24年の前々回衆院選、25年参院選、26年の前回衆院選で、いずれも福島県を選んでいた。

 福島1区では午前11時現在、無所属前職の金子恵美氏(52)と自民前職の亀岡偉民氏(62)が立候補を届け出た。

写真ギャラリー

  • 田園風景の中で第一声を上げる自民党総裁の安倍晋三首相=10日午前、福島市(ロイター)
  • リンゴやおにぎりを持って自民党総裁の安倍晋三首相の到着を待つ支持者たち=10日午前、福島市(ロイター)
  • 田園風景の中で第一声を上げる自民党総裁の安倍晋三首相=10日午前、福島市(ロイター)
  • 田園風景の中で第一声を上げる自民党総裁の安倍晋三首相=10日午前、福島市(ロイター)