産経ニュース for mobile

【舛添知事定例会見録】1億3000万円かけた「&TOKYO」ロゴをPRも…パクリ指摘には「誰でもこんなロゴは書けますから」

記事詳細

1億3000万円かけた「&TOKYO」ロゴをPRも…パクリ指摘には「誰でもこんなロゴは書けますから」

舛添知事定例会見録更新

 《10月13日午後2時から都庁会見室で》

<< 下に続く >>

 【冒頭発言】

 「まず東京ブランドの推進に向けたキャンペーンについて、お知らせします。今日から東京ブランドのロゴ『&TOKYO』を使ったバックパネル(※会見で知事の後ろに飾るパネルのこと)を使ってみました。(会見で飲む)水、コップにも『&TOKYO』マーク。バッジは5色あり、スーツの色に合わせて変えられるという感じで、今日は(私も)招致マークを外して、こっちをちょっとつけて、目立つようにしました」

 「どれぐらいお金がかかったかということですが、全体で1億3000万円。このうち、さまざまなPRツールのデザイン経費が約7000万円。それで、こういうグッズをいろいろ作っているわけです」

 「要するに『I Love New York』ってマークがあって、これがもう本当、世界中に浸透しているので、ニューヨークに行っても、この『I Love New York』グッズって、めちゃくちゃたくさん売れているわけ。いずれ、こういうのを売っていくし、このことによって東京のセールスが成功すれば、おそらく何千億円となって戻ってくると思って、その努力をしたいと思います」

 「自分で言うのもおかしいのですが、結構、私の出たやつ(※知事が出演したPR動画のこと)は好評で、ぜひホームページでご覧いただければと思っております。東京の魅力の発信につなげて、できるだけ多くの外国の方にいらしていただいて、東京を愛していただければと思っています」

 「それから次はうれしいお話ですが、ノーベル賞を北里大の特別栄誉教授の大村智先生がおとりになりました。そこで、この功績をたたえるため、東京都民である大村さんに、東京都栄誉賞を贈ることにいたしました。大村先生は世田谷区にお住まいで、かつては都立の墨田工業高等学校の先生もおやりになったということです。表彰式はノーベル賞授賞式が終わって、先生がお帰りになってから、皆さんでお祝いをしたいと思っています」

 「次は、北京市との協力関係です。このたび、北京市と環境分野における研究員の相互派遣を初めて行うことになりましたので、お知らせします。昨年、私が北京市を訪問して、王安順市長と会談した際、環境分野とりわけPM2.5をはじめとする大気汚染対策について、技術交流・技術協力をさらに推進することで合意しました」

 「これを受け、来月の1カ月間、北京市環境保護科学研究院の2人の研究員が東京都に参ります。研究員の方々には、東京都環境科学研究所でPM2.5や、光化学スモッグの発生原因となるVOC(揮発性有機化合物)の測定、データ解析など、都の大気汚染対策の経験や技術に関する知見を深めていただきたいと思っています。また、来年1月には、東京都から環境科学研究所の研究員1人を、北京市へ派遣して、技術交流を行う予定です。このような交流を通じ、今後も北京市との友好関係を深めていくとともに、世界の大都市が共通して抱えている大気汚染の解決につなげていきたいと思っています」

 「次は、パラリンピック絡みです。都として初めての試みとなる『パラリンピック選手発掘プログラム』の参加募集を開始します。2020年東京大会の成否というのはパラリンピックの成功にかかっているというわけで、1人でも多く地元の選手が出場して、活躍して、応援する観客を熱狂させるということが非常に大事だと考えています」

 「そこで今回、都の障害者スポーツ競技団体や全国レベルの障害者スポーツ競技団体、健常者の競技団体からも協力を得て、『パラリンピック選手発掘プログラム』事業を実施します。具体的には、まず、参加者に複数の競技を体験してもらって、自分に合った競技を選んでもらう。そして、その競技について練習試合などやってもらう。そのうえで、競技団体と相談しながら、『あ、この人は非常にこの競技に適性あるじゃないか』と。では、練習して、もっとステップアップしていく、こういうことをやる」