産経フォト for mobile

ワールド

“街角に巨大イースター・エッグ” クロアチア

更新 sty1704100010
コプリヴニツァの街角に飾られた巨大イースター・エッグ。カラフルで伝統的なテーマが描かれている。(REUTERS/Antonio Bronic) コプリヴニツァの街角に飾られた巨大イースター・エッグ。カラフルで伝統的なテーマが描かれている。(REUTERS/Antonio Bronic)
素朴なテーマと色彩が美しい。(REUTERS/Antonio Bronic)
画像を拡大する
素朴なテーマと色彩が美しい。(REUTERS/Antonio Bronic)フルスクリーンで見る 閉じる

 クロアチアのコプリヴニツァの街角に、高さ2メートルの巨大イースター・エッグが登場しました。ポリエステル製の“エッグ”にカラフルで美しい絵が描かれています。10年前から毎年飾られているそうです。
 ちなみに“イースター”は春分の日の後、最初の満月から数えて最初の日曜日です。今年のイースターは4月16日(日)です。

巨大イースター・エッグにペインティングする地元アーティスト。(REUTERS/Antonio Bronic)
画像を拡大する
巨大イースター・エッグにペインティングする地元アーティスト。(REUTERS/Antonio Bronic) フルスクリーンで見る 閉じる

瞬間ランキング

話題スゴい! もっと見る