産経フォト for mobile

「銀河鉄道999」復活へ 西武池袋沿線の商店会ら計画

鉄道

「銀河鉄道999」復活へ 西武池袋沿線の商店会ら計画

更新 sty1507070015
「銀河鉄道999」実現化プロジェクトについて記者会見する松本零士さん(左から3人目)ら=東京都千代田区(撮影・北野浩之) 「銀河鉄道999」実現化プロジェクトについて記者会見する松本零士さん(左から3人目)ら=東京都千代田区(撮影・北野浩之)
「銀河鉄道999」実現化プロジェクトについて会見する松本零士さん(左)とタケカワユキヒデさん=東京都千代田区(撮影・北野浩之)
画像を拡大する
「銀河鉄道999」実現化プロジェクトについて会見する松本零士さん(左)とタケカワユキヒデさん=東京都千代田区(撮影・北野浩之)フルスクリーンで見る 閉じる

 昨年運行を終了した西武鉄道の「銀河鉄道999デザイン電車」を復活させようと、西武池袋沿線の商店会や地元住民らが7日、実現化に向けたプロジェクトを立ち上げた。インターネット上で資金を募り、今年12月の走行を目指す。

 プロジェクトは、地元住民や鉄道ファンを中心に始動。ネット上の資金調達システム「クラウド・ファンディング」を使って9月末までに2999万円を集め、デザイン車の誕生につなげる。出資者には金額に応じた特典も用意する。

「銀河鉄道999」実現化プロジェクトの会見で写真に納まる松本零士さん(左から3人目)、タケカワユキヒデさん(同4人目)ら=東京都千代田区(撮影・北野浩之)
画像を拡大する
「銀河鉄道999」実現化プロジェクトの会見で写真に納まる松本零士さん(左から3人目)、タケカワユキヒデさん(同4人目)ら=東京都千代田区(撮影・北野浩之)フルスクリーンで見る 閉じる

 今回は外装のラッピングのほか、物語の世界観をイメージして車内も改装する予定。車両のデザインを担当する「銀河鉄道999」の作者で漫画家の松本零士さん(77)は7日の会見で、「物語のイメージを大事に、乗ってもらう人の思い出に残る電車にしたい」と意気込みを語った。

 デザイン車は西武線全線(一部路線を除く)で走行予定。今後、物語の世界観を実現させる企画も募集し、各種イベントの開催につなげるという。

瞬間ランキング

話題スゴい! もっと見る