産経フォト for mobile

2017.2.15のニュース

ニュース

外務省、各国大使館に子連れ去り防止へ周知要請

dly1702150023

 外務省は15日、国際結婚が破綻した後の子どもの扱いを定めたハーグ条約の実効性を高めるため、在京各国大使館員ら約100人を集めての会合を開き、日本居住者への周知を要請した。夫婦間のトラブルから、子どもが一方の親により連れ去られるのを防ぐ狙い。

 日本など95カ国が加盟する同条約では、連れ去られた子どもは元の居住国に戻すのが原則。日本人の国際結婚相手として多いアジアの国々で加盟が進み、問題を防ぐ必要性が高まっている。

 上田肇・ハーグ条約室長は「連れ去りは子どもの精神的負担が大きい。日本国内にある多言語の相談窓口の活用を促してほしい」と話した。

 日本が2014年4月に加盟して以来、外務省には国外に連れ去られた子どもの返還申請は53件あった。韓国、タイ、米国が6件ずつと最多。

瞬間ランキング

話題スゴい! もっと見る