産経ニュース for mobile

【書評】京都大学名誉教授・竹内洋が読む『コミンテルンの謀略と日本の敗戦』江崎道朗著 戦前、右翼左翼に取り込まれなかった真の保守本流の姿

記事詳細

京都大学名誉教授・竹内洋が読む『コミンテルンの謀略と日本の敗戦』江崎道朗著 戦前、右翼左翼に取り込まれなかった真の保守本流の姿

書評更新
『コミンテルンの謀略と日本の敗戦』江崎道朗著 1/1枚

 題名から例のコミンテルン(共産主義インターナショナル)陰謀史観と類書を想定したら、大間違い。そんなありきたりではない。

<< 下に続く >>

 たしかにコミンテルンと気脈を通じ、情報を手渡した尾崎秀実(ジャーナリスト)のような確信犯はいた。しかし、コミンテルンの謀略が日本で功を奏したのは、騙(だま)されたというより、謀略をなぞるシナリオをみずから作成してしまったことにある。

 陰謀史観というより日本のエリートが知らず知らずのうちにコミンテルンの謀略の招き猫になってしまったという「自滅史観」。これが本書を類書から際立たせる論点。

 つまりこうである。昭和戦前期には「エリートの日本」と「庶民の日本」があった。庶民は伝統を重んじたが、エリートは、過去を断ち切り欧米化することを目標にした。その結果、エリートは社会主義を最新の欧米思想とする。

 それがコミンテルン・シンパの左翼全体主義になり、また左翼ではないエリートも「資本主義ではだめだ。社会主義的統制経済しかない」という思想を育んでいく。コミンテルンの対日浸透工作を許してしまう土壌ができてしまっていたのである。

 これに対して右翼はどうだったか。貧困や格差に同情する者を社会主義者として言論弾圧に精出したことで、エリートを左翼全体主義に押しやることに力を貸してしまった。「敵」(左翼)と同じ(右翼)全体主義になってしまったのである。

 では、昭和戦前期に希望はないのか。「左翼全体主義」と「右翼全体主義」に反発したエリートはいた。伝統にさおさし、戦争を短期決戦で終わらせようとした小田村寅二郎(吉田松陰の姻戚)などの思想と運動である。著者はこの水脈を「保守自由主義」と命名し、これこそが保守本流とする。

 「保守自由主義」は、すでに教育社会学者、井上義和によって「日本型保守主義」と命名されているが、それを左翼全体主義・右翼全体主義の中で位置づけたところが著者の功績。錯綜(さくそう)する昭和史の森を明快に描ききった力作である。(PHP新書・980円+税)