産経ニュース for mobile

【書評】ノンフィクションライター・柳澤健が読む『広辞苑はなぜ生まれたか』新村恭著 誰もが知る辞典 編者の生涯にスポット 谷崎潤一郎、湯川秀樹らとも交流

記事詳細

ノンフィクションライター・柳澤健が読む『広辞苑はなぜ生まれたか』新村恭著 誰もが知る辞典 編者の生涯にスポット 谷崎潤一郎、湯川秀樹らとも交流

書評更新
『広辞苑はなぜ生まれたか』 1/1枚

 昭和の頃、応接間のある家ならば、書棚には新村出編「広辞苑」(岩波書店)が必ず備えられていただろう。

<< 下に続く >>

 家庭向けの中型国語辞典で、百科項目も多く入った戦後のベストセラー。本書は広辞苑制作秘話というよりも、むしろ編者・新村出の生涯を詳細にたどったものだ。

 著者は研究者でも書き手でもなく、新村出の末孫である。プロの文章ではないが、新村家に残された膨大な資料および書簡を駆使して、明治初期に生まれ、「スロー・バット・ステディ(急がば回れ)」を信条とする国語学者の興味深い生涯を描き出すことに成功している。

 私たちは新村出について、何ひとつ知らない。そもそも名前すら知らない。「にいむらいづる」ではなく「しんむらいづる」だと聞いて驚くのは私ひとりではないはずだ。

 新村出の父・関口隆吉は幕臣で徳川慶喜の側近であったが、維新後山口県令、すなわち県知事となった。

 山口で生まれた次男の関口出は、現在でいう小学校低学年の頃から漢文で書かれた史書、頼山陽の「日本外史」などの講義を受け、小学校高学年の頃には千葉県佐原の漢学塾に放り込まれた。テキストは四書五経である。

 明治19年に中学校令が出されると、関口出は静岡県知事となっていた父の命令で、創設されたばかりの県立静岡中学校に入学、一転して英語中心の教育を受けた。

 維新後、徳川慶喜は静岡に蟄居(ちっきょ)していた。元幕臣の父はしばしば慶喜邸を訪れ、酒を飲みつつ碁を打った。

 父の死後、関口出は慶喜のそば仕えをしていた新村猛雄の養子となった。新村出の初恋の人は、慶喜の娘・徳川国子であったのだ。

 一高、東京帝大へと進み、卒業後、言語学研究のために欧州留学したのち京都帝大の教授となった新村出が、昭和初期に中高生、家庭向けの国語辞典の編纂(へんさん)を依頼され、戦後改訂されて「広辞苑」としてベストセラーになる。その経緯は、谷崎潤一郎、佐佐木信綱、湯川秀樹、高峰秀子ら綺羅(きら)星の如(ごと)き有名人との交流も含めて、一気呵成(かせい)に読ませる。(世界思想社・2300円+税)