産経ニュース for mobile

【児童書】誰かの幸せを願うことの大切さ 『みなみへ』ダニエル・ダンカン作、山口文生訳

記事詳細

誰かの幸せを願うことの大切さ 『みなみへ』ダニエル・ダンカン作、山口文生訳

児童書更新
『みなみへ』ダニエル・ダンカン作、山口文生訳(評論社・1300円+税) 1/1枚

 1人で海に出た漁師さんが、船の甲板でつばさを傷めた1羽の鳥を見つける。傷の手当てをして海でとれた魚を食べさせてあげているうち、鳥は航海のいい相棒になる。でも、この北の海の寒さは鳥にはあまりに厳しい。鳥が幸せに暮らせる場所へ向かうため、漁師さんは南へと舵(かじ)を切る。

<< 下に続く >>

 誰かの幸せを願うことの大切さが、美しい絵とシンプルな言葉で描き出され、温かな余韻が残る。(評論社・1300円+税)