産経ニュース for mobile

【書評】「直覚のないコーチは死んだも同じ」 『このくにのサッカー』賀川浩著

記事詳細

「直覚のないコーチは死んだも同じ」 『このくにのサッカー』賀川浩著

書評更新
『このくにのサッカー』賀川浩著 1/1枚

 大正13年生まれの92歳。平成27年にFIFA(国際サッカー連盟)会長賞を受賞した現役最年長スポーツライターの著者と、サッカー界のレジェンドたちが胸襟を開き、語り合った対談集。

<< 下に続く >>

 「『言われなくてもやる』にしないと」(釜本邦茂)、「まずは結果を残さないと」(澤穂希)、「成功も失敗も伝えていきたい」(佐々木則夫)、「直覚のないコーチは死んだも同じ」(D・クラマー)。

 日本サッカーの「これまで」を知り、「これから」につなげていく。「このくにのサッカー」を豊かにするための金言が詰まっている。(苦楽堂・1800円+税)