産経ニュース for mobile

【書評】「酒色欲慎む」「名声を博すようでは一流ではない」…今なお色あせぬ忍びの教え 『忍者はすごかった 忍術書81の謎を解く』山田雄司著

記事詳細

「酒色欲慎む」「名声を博すようでは一流ではない」…今なお色あせぬ忍びの教え 『忍者はすごかった 忍術書81の謎を解く』山田雄司著

書評更新
『忍者はすごかった 忍術書81の謎を解く』山田雄司著 1/1枚

 忍び・間者(かんじゃ)は手裏剣を使って相手を倒す-はドラマの世界。敵の重要情報を取ったのち、生還して主君に伝えることが最大の使命だった。

<< 下に続く >>

 17世紀以降に記された忍術書を現代語訳し、さらに日常生活やビジネスにも当てはまるよう解説した。人の趣味を覚えて利用する、酒色欲は慎む、部下の得手不得手を把握する、名声を博すようでは一流ではない…など、忍者は心技体にすぐれたエリートであることが求められた。

 メディアが未発達の400年前に残された教えが、古びず通用することに驚かされる。(幻冬舎新書・780円+税)