産経ニュース for mobile

【児童書】必勝法に生きる極意学ぶ 『ジャンケンの神さま』くすのきしげのり作、岡田よしたか絵

記事詳細

必勝法に生きる極意学ぶ 『ジャンケンの神さま』くすのきしげのり作、岡田よしたか絵

児童書更新
1/1枚

 町の駄菓子店「まる花」のおじいちゃんは、ジャンケンで一度も負けたことがない「ジャンケンの神さま」。その神さまに「ジャンケンが強くなる方法を教えてください」と小学生のユウイチ、ショウタ、ミツルとアイコが弟子入りする。

<< 下に続く >>

 だが、修行と称する店の掃除や、あいさつ、返事、肩もみなどの日々に拍子抜け。そんなとき、全米ジャンケンチャンピオンが来日し、日本のジャンケン名人たちを次々と負かす。そして、チャンピオンは神さまに挑戦状をたたきつけてくる。アイコら弟子たちの成長と、手に汗握るチャンピオンとの決戦が見ものだ。

 著作が多くの課題図書にも選ばれている作者が「子供たちが大笑いして読んでくれる作品を」と書き上げた物語。神さまが伝授するジャンケン必勝法「相手がチョキならグーを出す。グーならパー、パーならチョキを出す」の真理は生きる極意にも通じる。

 イチロー選手や、漫画「巨人の星」を思わせる特訓なども登場し、大人も笑えて納得。もちろん、子供の読書感想文にも-。(小学館・1400円+税)