産経ニュース for mobile

【児童書】人のさりげないやさしさに心が温まる『手おけのふくろう』ひらののぶあき文、あべ弘士絵

記事詳細

人のさりげないやさしさに心が温まる『手おけのふくろう』ひらののぶあき文、あべ弘士絵

児童書更新
『手おけのふくろう』ひらののぶあき文、あべ弘士絵 1/1枚

 里山の民家の脇にある大きな桜の木のウロの中で、毎年子育てするふくろうの夫婦。ある年の冬、大雪で倒れてしまう。ようやく見つけたのは民家の軒下につるされていた手おけだった。窮屈だったが、卵を産み、子育てができ、3羽が巣立っていった。だが、飛び立つ際、手おけは壊れてしまった…。

<< 下に続く >>

 自然界で繰り返される生への営み。人のさりげないやさしさに心が温まる。(福音館書店・1400円+税)