産経ニュース for mobile

ほどほど飲酒も脳に有害か

記事詳細

ほどほど飲酒も脳に有害か

更新

 ほどほどの量の飲酒でも、脳には有害な可能性があるとの研究が英医学誌に発表された。飲酒の「適量」をめぐる議論に一石を投じそうだ。

<< 下に続く >>

 ロンドン大などのチームは、平均年齢43歳の健康な男女500人余りを1985年から約30年間追跡。定期的に脳機能の検査をし、磁気共鳴画像装置(MRI)の検査も加えて、飲酒量との関係を調べた。

 日本のビール中瓶に換算して1日1本程度の飲酒量でも、記憶などをつかさどる脳の海馬という部位が萎縮するリスクが、飲まない人より約3倍高いとの結果が得られた。影響が見られたのは海馬の右側だけだった。